チェルシー 忙しい夏に備える、最優先はレンタル中&構想外の放出

拡大画像を見る

欧州チャンピオンズリーグ(CL)を制覇したチェルシーだが、トーマス・トゥヘルの計画や経営陣の計画は止まることはないようだ。彼らは、勝利のプロジェクトを強化するためにチームを強化することを決意している。昨シーズン、ティモ・ヴェルナー、ハキム・ツィエク、カイ・ハフェルツなどを獲得したが、今夏もさらなる才能を求めている。

イギリス紙『Daily Mail』によると、センターバック、ウイング、ミッドフィルダー、そしてトップストライカーが、来シーズンのすべて大会でトロフィー獲得を狙うトゥヘルが上層部にリクエストしたものだという。

そうは言っても、選手を獲得する前には放出しなければならない。チェルシーには、戦力外の選手、他クラブにレンタルしている選手のリストがある。フィカヨ・トモリ(ACミラン)、ケパ・アリサバラガ(戦力外)、ロス・バークリー(アストン・ヴィラ)、ルベン・ロフタス=チーク(フラム)が放出候補だ。

彼らの誰もがトゥヘルの計画には入っていない。だからこそ、チェルシーは彼らを良い金額で放出しようとしているのだ。クラブは、スタンフォード・ブリッジでの忙しい夏に向けて、できるだけ多くの利益を得ようとしている。パンデミックであっても、毎年のようにチームを補強するロマン・アブラモビッチ(チェルシーのオーナー)の本能を止めることはできないようだ。

関連リンク

  • 6/3 19:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます