【北海道】大人のアウトドア旅♪初秋の北海道はいかが?

拡大画像を見る

筆者の住む北海道は秋めいてきましたが、先日の連休に駆け込みでキャンプに行ってきました。
実に数年ぶりのキャンプはとても楽しかったです♪キャンプ場、すごく混んでいたのですがこの涼しい時期って人気なんですよ! 連休中に泊まったホテルも素敵だったので併せてご紹介させて下さい。 行き先はニセコ、洞爺です♪


ニセコで泊まったホテルはここ♡「AYA NISEKO」



今回の旅で利用したホテルは「AYA NISEKO」。
ここのホテルはコンドミニアム型のホテルでした。

筆者は初めてコンドミニアムと言われるホテルに泊まったのですが、キッチンが付いてるので、お部屋がとても広いんですね!これにはとても驚きました。


初めてコンドミニアムタイプのホテルに泊まったけど、すごいよかった✨ 夜はチーズフォンデュして、朝はホテルで用意してくれる朝食セットが付いてるプランだったんだけど🍽 その朝食が部屋で食べれるように予め冷蔵庫の中に入ってて。 食べてる様子は前の写真にチラッと写ってるんだけど、体に良さそうなオシャンなジュースとか美味しすぎるパンとか唸るほど美味しいスープとかがついてて、まぁいつもそして今回も全部彼が調理してくれて私は何もしてないんですが、彼がラクそうでそして美味しくてとても素敵だなと思いました。笑 旅行情報アプリ#aumo にて詳しい紹介記事を書いたのでよかったら見て下さいね🎶(公開までもう少し日にちがかかるかも)プロフィールから飛べます。 . . . . . #AYANISEKO #NISEKO #ニセコ #北海道旅行 #ホテル #お宿 #aumo


源泉かけ流しの温泉は大浴場と露天風呂の他に、予約制の貸切家族風呂もあります。
他のお客さんを気にせずゆっくり出来て、贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

開放感や利便性を求める人にはすごく合っていると思います。


夜ご飯はお部屋でチーズフォンデュを作りました♪



じゃじゃ〜ん!

どうですか?!
地元のお気に入りのお店でワインを買って、野菜やお肉は現地のスーパーや道の駅で新鮮な食材を調達しました♪

部屋に調理器具が一通り備え付けてあるので、これくらいのシンプルな料理ならパパッと作れちゃいますよ!大好きな彼との共同作業筆者はとても楽しかったです♡


朝食セット付きのプランが最高♡



筆者が利用したのが、朝食のセットが付いているプランだったのですが、こちらのセット、ニセコの「La villa LIPICIA」で調達されたものなんです♡

ルピシアなので紅茶はもちろんのこと、ソーセージや柔らかいパン、唸るほど美味しいスープなど充実の内容となっていました。



予め冷蔵庫の中に用意してくれているので、あとは自分たちで湯煎など簡単な調理をするだけでいたって楽チンでした!シンプルでかつ手軽にいただけるモーニングは格別ですよ♪お部屋でいただけるので、好きなタイミングでモーニングをいただけるのが嬉しい◎


<スポット情報>
AYA NISEKO
住所: 北海道虻田郡倶知安町字山田195-1
電話: 0136-23-1280


翌日は、洞爺湖キャンプを満喫!



翌日は洞爺湖でキャンプをしてきました!

筆者、キャンプは実に数年ぶり。
虫が苦手なのでちょっと不安もあったのですが、結果としてめちゃくちゃ楽しくて来年も行きたいです(笑)

静かに揺れる湖の波の音を聞きながら大切な人とただただゆっくりする時間は、何ものにも変えられない素晴らしいものでした!



天候にも恵まれ、夕日や満点の星空を見ることもできました☆

筆者が利用した中洞爺キャンプ場は大人の利用者が多く、静寂を求めてきている方が多いとのことで、皆さんマナーを守って過ごされていましたよ♪ゆったり過ごしたい方には堪らないです◎


燻製キットが売ってるんですね〜びっくり。 気軽に燻製が楽しめちゃうのでこれおすすめ❤️ 来年は枝豆と、鮭の切り身も持っていこう。あと漬物も。 . . . . . #キャンプ #洞爺湖 #燻製 #燻製キット


そして、場内にある「来夢人(きむんど)の家」という温泉が◎
キャンプのオフシーズン11月から12月にかけてくらいで、この地域の特産品であるリンゴを浴槽に浮かべた「りんご風呂」をやっているそうです!
収穫時期によって前後するので、この辺りを立ち寄ったときにはHPをチェックして利用してはいかがですか?


<スポット情報>
仲洞爺キャンプ場
住所: 北海道有珠郡壮瞥町字仲洞爺
電話: 0142-66-3131


<スポット情報>
仲洞爺キャンプ場センターハウス来夢人の家
住所: 北海道有珠郡壮瞥町仲洞爺30-11
電話: 0142-66-7022


帰りは苫小牧に寄ってホッキカレーを食す!



最終日、早朝にキャンプ場をあとにして向かった先は苫小牧の漁港!

苫小牧には全国各地からフェリーが到着する港があり、北海道の海の玄関口と言われている街。
漁業が盛んで、有名なのが道民が愛してやまない「ホッキ貝」。

市町村別の漁獲量では堂々の1位を誇っているのです。(※"苫小牧漁業協同組合"参照)



焼くとほんのり赤く色づいて、
コリコリした食感と、
噛めば噛むほどに口の中に広がる甘さ。
ホッキはクセがないので、子どもから大人まで幅広い層に愛されていて、貝の中でもとても食べやすい種類なのではないかなと思います!

今回、筆者は市場の中に入っている飲食店でホッキカレーを頂きました!


<スポット情報>
海の駅ぷらっとみなと市場
住所: 北海道苫小牧市港町2-2-5
電話: 0144-33-3462


ぜひ、雪が降る前に秋の北海道旅行へ!



いかがでしたか?
そろそろ北海道では紅葉が始まってしまいますが、急げば、まだ間に合う!
せめて雪が降る前の過ごしやすい時期に北海道に来てほしいですね♡

ニセコに泊まったのは初めてで、洞爺湖のキャンプは高校生ぶりくらい?!の筆者ですが、改めてこの地域の自然の素晴らしさを感じましたよ。

キャンプ、来年まで待てないな〜。

関連リンク

  • 6/3 18:43
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます