吉岡里帆、“舌出しペロリ顔”公開に「ホオの柔肌の凹みが艶っぽい」と騒然

拡大画像を見る

 女優の吉岡里帆が5月27日、出演ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)の放送を告知する投稿をインスタグラムで行った。鈴木亮平演じる主人公の甥役を務める子役の岩田琉聖との並びショットがあわせて公開されている。この写真がキュートすぎると評判なのだとか。

「写真は全部で3枚。1枚目はとぼけた顔の吉岡。3枚目はカメラのレンズを見つめるショットです。注目は2枚目。舌をペコちゃんのように出した顔で、キュートを通り越して艶っぽさすら感じます。一瞬、変顔に見えなくもないのですが、そんなところもいいと評判です」(週刊誌記者)

 ネットには「吉岡の舌は何を舐めているのだろうか」という声とともに、“思わず興奮させられた”といった意見も出ている。

「舌出しショットでは、笑っているわけではないんですが、吉岡の薄く赤みがさしたホオの柔肌に“えくぼ”のように凹みが出ているんですよ。これが不思議な色香を放っています。もっともえくぼは以前から彼女のトレードマークになっていますが、こうしたショットで見ると、妙に艶っぽさを感じさせますね」(前出・週刊誌記者)

 新垣結衣が結婚を発表してからというもの、男性ファンの関心を一身に集めている感のある吉岡里帆。“えくぼ”にも注目が集まるのはそのせいか。

関連リンク

  • 6/3 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます