尾身茂会長「政府に言ってもIOCに届かないと意味が無い」、宮根アナ両者の関係危惧

拡大画像を見る

 宮根誠司アナウンサーが3日、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、政府のコロナ分科会の尾身茂会長が同日の参院厚労委員会で、東京オリンピック・パラリンピックを開催することの危険性について「政府に言ってもIOCに届かないと意味が無い」などと述べたことに、「政府と分科会、尾身会長の関係はどうなっているのか」などと両者の関係を案じた。

 番組では尾身会長が同日午前、参院厚労委員会で発言した模様を紹介。尾身会長は「われわれは政府に対していろんなアドバイスをするので、IOCにアドバイスをするという立場にない。政府に言ってもIOCに届かないと意味が無いということで、どこにわれわれの考えを述べたらいいのかということを今、検討している。私どもはなるべく早い時期にどういう形でにせよ、われわれの考えを正式にしかるべき場所に表明するのがわれわれの責任だと思っていますので、そうしようと思います」などと述べた。

 宮根アナは「尾身会長が最近、語気を強めたようにおっしゃるのが印象的」と表現がより厳しくなっていることに触れた。尾身会長は2日には五輪について、「今の状況でやるというのは普通は無い」「管理体制をできるだけ強化するのがオリンピックを主催する人の義務だ」などと述べていた。

 宮根アナは「緊急事態宣言のときに菅総理と尾身さんは並んで会見される」と緊急事態宣言を発出したときに菅首相と尾身会長がそろって会見することを指摘。「政府に言っても結局、IOCが中止なのか開催なのかを決めるから政府に言ってもどうしようもないんだけども自分たちの考えは表明するよとおっしゃっていて。政府と分科会、尾身会長との関係は今どうなっているのか」と首をひねった。

関連リンク

  • 6/3 16:36
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます