西村大臣 五輪開催で「感染広がる懸念」に理解 「医療安定提供体制作りを」

拡大画像を見る

 西村康稔経済再生担当大臣が3日、TBS系「ひるおび!」に生出演。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長が2日、「五輪を今の(パンデミック)の状況でやるのは普通はない」と感染拡大の中での東京五輪・パラリンピック開催について懸念を示したことについて、「オリンピックをやるとなれば、医療にまた負荷がかかる。安定的に医療を提供できる体制を作らなければならない」と述べた。

 西村氏は「感染がまだ少し減少傾向になってきたとはいえ、まだ高い水準にある中で、感染が広がるんではないかという懸念もたくさんあると思いますので、それにしっかりと答えを出さなきゃいけない」と、国民の不安に理解を示した。

 菅首相が繰り返す「安心、安全な大会」の具体的な説明を求められると、「尾身先生の言われてるのは、まずは医療なんですね。コロナ、一般医療、ワクチン接種に加えて、オリンピックもやるとなると、どうしても暑い時期ですから、熱中症もあるでしょう。選手の骨折やケガもあるでしょう。そこにまた負荷がかかる。三重、四重の負荷に医療が安定的に提供できる体制を作らないといけない。そこを(尾身先生は)一番、心配されている」と話し、尾身氏は五輪開催自体を懸念しているのではなく、医療体制への負荷を懸念していると強調。医療へ負荷をかけないためにも、ワクチン接種を進めていくとした。

 番組中で、西村氏は、尾身氏とは「毎日話してます」とも強調した。

関連リンク

  • 6/3 16:02
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます