レアル-PSG-ユーヴェ間で大型移籍が実現!?エムバペ&ロナウド&イカルディの運命は...

拡大画像を見る

カルロ・アンチェロッティがレアル・マドリーのベンチに戻ってきたことに、誰もが無関心ではいられない。

このイタリア人監督は、平均年齢が30歳を超えるチームを一新するという、より大きな挑戦をするためにエヴァートンを去った。

今季レアル・マドリーは、チャンピオンズリーグもリーガもコパ・デル・レイも獲得できず、監督のジネディーヌ・ジダンの苦い退団という、悲惨なシーズンを終えた。

マドリーにとっての朗報は、キリアン・エムバペのチームへの加入になるだろう。

『la Gazzetta dello Sport』によると、現在最も価値のある選手の一人であるエムバペは、マドリーというオプションに非常に魅力を感じているという。

またこれに加えて、同イタリア紙はパリ-マドリード-トリノ間で、エムバペ、クリスティアーノ・ロナウド、マウロ・イカルディが移籍する可能性を指摘している。

ロナウドは以前から頻繁に報道されている通り、ユヴェントス退団を検討している段階であり、上記の伊紙によれば、その行き先はパリ・サンジェルマンになるとのことだ。

一方PSGに所属するマウロ・イカルディはパリでの生活に満足しているものの、チームを去るつもりがあるだろうと考えているようだ。

さらに、CR7とイカルディの移籍金が似ていることから、この夏のクラブ間のトレード移籍が実現する可能性もあり、PSGはエムバペが出て行った後の穴をポルトガル人ストライカーで埋めたいと考えている。

エムバペもクラブの会長アル・ケライフィのもと、パリでの生活に満足しているようだが、欧州選手権に向けたフランス代表のキャンプでのベンゼマの存在が、彼に考えを改めさせるかもしれない。

果たして、彼らの今後の展開はどうのるのだろうか。
いずれにせよ欧州選手権が終わった後、何らかの形で彼らの将来は決まるだろう。

関連リンク

  • 6/3 10:46
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます