バルサで苦しむピャニッチ獲得へ インテル&古巣ユーヴェが名乗り?

拡大画像を見る

ミラレム・ピャニッチの未来はFCバルセロナから遠い。
ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の同選手は、今シーズン初めにバルサと契約したものの、監督ロナルド・クーマンからの信頼は得られず、新天地を求めることになりそうだ。

ピャニッチはすでに、プレミアリーグでの選択肢よりもイタリアサッカー界への復帰に興味を示しており、入札も応じるチームもあるという。
現地SPORT(スポルト)によれば、インテルと彼の古巣であるユヴェントスが彼の獲得に名乗りを挙げているとのことだ。

ピャニッチとバルサとの間では、すでに話し合いが始まっている段階で、両者が将来の解決策を模索していることは明らかであり、クーマンの去就がその決定を大きく左右することになりそうだ。(今のところ続投が濃厚)

ピャニッチを最も誘惑する選択肢は、監督マッシミリアーノ・アッレグリのユヴェントス復帰であり、同クラブはチームの頭脳だった彼を退団させたのは間違いだったと認識している模様。

一方、アントニオ・コンテが退任したインテルは中盤の大規模な改革を目指しており、同MFがチームの質を向上させるための完璧な補完になると考えているようだ。

しかし、ピャニッチの移籍金は6000万ユーロ(約80億円)と予想されており、完全移籍ではこの獲得プランは実現不可能である。
選択肢としては、買い取りオプション付きのレンタル移籍か、バルサにとって都合の良いトレード移籍のどちらかしかないという。

バルサは、ユヴェントスのMFロドリゴ・ベンタンクールやCBのマタイス・デ・リフトを気に入っており、上記のオプションに入ってくる可能性は十分にあり得そうだ。

関連リンク

  • 6/3 8:20
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます