比嘉愛未 休養した深田恭子の代役にも自信?「体幹を鍛えて筋肉量はある」

拡大画像を見る

 女優・比嘉愛未(34)が3日、宣伝キャラクターを務めるパナソニックの「レッツノートシリーズ」のオンライン新製品発表会にゲスト出演。女優としての体力作りについて語った。

 実は「体を動かすことが大好き」で「割と体育会系」と言う比嘉。日ごろから「キックボクシングは6~7年通っている。ほかにもパーソナルジムやヨガなど3つくらいをルーティンで運動をしている」と、積極的に体を動かしているという。

 「体力勝負のお仕事。体幹(たいかん)を鍛えることが大事なので続けている」そうだが、そんな地道な努力の成果で「割と筋肉量はあります」と常に体は万全な様子。休養した女優・深田恭子(38)の代役としてフジテレビ系の7月期連続ドラマ「推しの王子様」で主演を務めることが決定しているが、その準備も問題ないようだ。

 また。コロナ禍での自粛生活において、新たに油絵を描く趣味を持ったという。故郷の沖縄の自然たっぷりな海などを描き、作品はSNSなどでも公開しているが「描いている時は子供心に戻れたような気がして、すごく充実しています」と笑顔を輝かせた。

関連リンク

  • 6/3 15:40
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます