丸亀製麺、冷たくておいしい「夏の丸亀うどん弁当」新登場!

拡大画像を見る

 丸亀製麺は6月8日から、同社が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」で、2種の「夏の丸亀うどん弁当」を加えた全4種の持ち帰り限定商品「丸亀うどん弁当」を販売する。ラインアップは、「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」「豚の冷しゃぶと定番おかずのうどん弁当」「鶏天おろしと定番おかずのうどん弁当」だ。

 「丸亀うどん弁当」シリーズは、持ち運びしやすく、打ち立てのうどんをどこでも楽しめる。
 「豚の冷しゃぶと定番おかずのうどん弁当」と「鶏天おろしと定番おかずのうどん弁当」は、夏季限定商品。前者は爽やかな香りと酸味が特徴の徳島県産すだちと大根おろし、豚の冷しゃぶが入っている。後者はジューシーな鶏天が二つとごま油香るおろしぽん酢の弁当となっている。
 価格は、「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」が390円、「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」が490円、「豚の冷しゃぶと定番おかずのうどん弁当」が590円、「鶏天おろしと定番おかずのうどん弁当」が620円。

関連リンク

  • 6/3 13:35
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます