ドンファン嫁は「7億円ヤラカシ」!!キンプリにGPS…大倉&山田犯と同様手口!?

拡大画像を見る

“紀州のドンファン”と呼ばれた資産家・野崎幸助氏(享年77)に対する殺人の罪などで逮捕、起訴された元妻・須藤早貴被告(25)が、King&Prince(キンプリ)の神宮寺勇太(23)にストーカー行為を行っていたと、6月2日付の『週刊文春』電子版が報じた。

 須藤被告は小学校のときからジャニーズ好きで、小学生時代にはKAT-TUNの赤西仁(36)を、後には亀梨和也(35)のファンであったという。

 野崎氏が2018年5月に亡くなり、その後は世間の目を避けるように居住地をたびたび変える生活を送っていた須藤被告。そんな中でジャニーズの追っかけは続けており、野崎氏が亡くなったのと同じ2018年5月にデビューしたキンプリ、それも神宮寺にハマっていったと『週刊文春』では伝えている。

「野崎氏の死から約2か月後の2018年7月、須藤被告は野崎氏が経営していた会社の代表取締役に就任。その後、会社の口座から大金を自分の口座に送金させていたといいます。そのお金は生活費、外車の購入、そして神宮寺と“近づく”ために使われていたようです。

 神宮寺の熱烈なファンだった須藤被告は、探偵に神宮寺の自宅が知りたいと依頼。彼の自宅マンションを突き止めると、驚くべきことに、昨秋そのマンションに転居したといいます」(女性誌記者)

 警察は須藤被告のストーカー行為を把握し、神宮寺に対して事情聴取も行ったと報じられている。

「警察はジャニーズ事務所のタレント送迎車や神宮寺のバイクにGPS機器が取りつけられていた時期があると見て、捜査を行っているといいます。タレントの送迎車にGPS機器を取りつけるというのは、先日報じられたばかりの“ヤラカシ”の手口とまったく同じですよね……」(前同)

■関ジャニ&ヘイセイの送迎車にもGPS……

“ヤラカシ”とは悪質なジャニーズファンのことを指す。たとえば、関係者しか知りえないスケジュールをあらゆる手段で入手してタレントの居場所を割り出し、待ちぶせしたり、執拗なつきまとい行為をするようなファンが“ヤラカシ”と呼ばれる。

 5月25日発売の『女性自身』(光文社)では、ジャニーズ事務所のタレント送迎車にGPS機器が取りつけられていたことを報じている。

 送迎車から発見されたのは“車両取付け型GPS”というもので、離れた場所からでも車の位置をリアルタイムで追跡することができる装置だったという。

「磁石で車体の下に取りつけることができるもので、マネージャーや事務所関係者も気づけなかったといいます。しかし、駐車場にプラスチックの物体が落ちていて、調べて見たところ、GPSだということが明らかになったといいます。

 GPSの発見を受けて、他の送迎車も点検に出したところ、関ジャニ∞メンバーとHey!Say!JUMPメンバーの送迎車からGPSが発見されたと『女性自身』では伝えています」(夕刊紙記者)

■大倉忠義&山田涼介を苦悩させる“ヤラカシ”の悪質行為

 関ジャニの大倉忠義(35)は、以前からヤラカシによる悪質なストーカー被害をブログで訴えてきた。2018年11月のブログでは「身勝手な行動が精神的に辛いです」「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」(原文ママ)とつづっている。

 また、2020年1月にも「色々と写真を載せたい気持ちはあるけれど、食べ物の写真などでお店が特定されたり場所を特定されたりなどすると、どんな変な方が来るかわからないのが怖い。だから載せられない」という文章とともに、ハッシュタグ「#状況は一切変わってない」といまだに被害が続いていると訴えた。

 さらに、大倉は今年5月10日にもブログを更新。

「最近疑問なのよ。稽古場にわざわざ出向いてくださっているルールの守れないお嬢様方に適応する法律はないのかしら」「ストレス増幅罪 親の顔が見てみたい罪 人の忠告聞かない罪」「皆んなどう思う? アイドルが平穏に暮らせる世界ってあってもいいと思わないかい?」と、一部ファンの行動に苦言を呈し、良識のあるファンからは心配の声が多数寄せられた。

「また、5月14日発売の『FRIDAY』(講談社)では、ジャニーズタレントのSNSアカウントが悪質なハッカーに狙われており、SNSのパスワードが数十万円で売買されていることを報じています。パスワードはタレントの知名度によって異なりますが、20~30万円の値がつくといいます。

 中でも、Hey!Say!JUMP(ヘイセイ)の山田涼介(28)のアカウントに最も高値がつくという話も聞こえてきています。ヘイセイには熱狂的なファンが多いですからね」(前出の夕刊紙記者)

■ドンファンの遺産7億円も神宮寺のストーカー費用に……

 2019年5月、ヘイセイは2007年のデビュー以来続けてきたアリーナ会場でのコンサートツアーの開催を見送ることを発表。

 ヘイセイがコンサート会場のある地方に移動する際、新幹線のホームにファンが殺到し、発車が遅れてしまうケースがあった。また、移動中のメンバーを追いかけ回すなど、一部ファンのマナーの悪さが問題視されたことで、2019年のコンサートツアー中止になってしまったのだ。

「それだけ過激なファンが多いということですよね。『女性自身』の記事には、関ジャニとヘイセイメンバーの送迎車からGPSが発見されたとあるだけで、大倉や山田の送迎車かどうかは明らかになっていません。ただ、彼らには常にそういったヤラカシの監視の目が光っているということですよね……」(前出の夕刊紙記者)

 3月5日、28歳の会社員の女性がストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。

「女性はヘイセイの中島裕翔(27)のファンで、今回の逮捕が2回目。ファンの間でも有名なヤラカシだったといいます。

 あまりにも行き過ぎたヤラカシたちの犯罪行為。ブログで心情を吐露した大倉の気持ちも理解できますし、須藤被告によってバイクにGPSが取りつけられたのかもしれない神宮寺が感じた恐怖も、相当なものだったでしょうね」(前同)

“紀州のドンファン”こと野崎氏には13億円強の遺産があるとされる。民法では、配偶者は法定相続人として4分の3を相続できる。野崎氏は「全財産を田辺市にキフする」と手書きされた遺言書を残しているが、この遺言が有効であっても、妻である須藤被告には「遺留分」と呼ばれる額の相続が認められている。

「遺留分は遺産の半分、つまり須藤被告は約7億円もの大金を手に入れる権利を有していたわけです。須藤被告の容疑が確定した場合、遺産は相続できなくなりますが、もし早々に相続していれば、その7億円も神宮寺のストーカー行為に充てていたのではないでしょうか」(同)

 いつの間にか、ストーカーが自分の隣人になっていたという神宮寺。その恐怖は計り知れない――。

関連リンク

  • 6/3 12:22
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • まる☆

    6/4 12:27

    応援している人がいやがることをする時点でもうもう変態でしょう。サイコパスもいい加減にしないと。

記事の無断転載を禁じます