EXIT兼近はサングラスつけない派「芸能人感出したい」伊アイウェアブランドでコレクション

拡大画像を見る

 お笑いコンビのEXITが3日、都内で行われた「POLICE×EXIT カプセルコレクション」記者発表に出席した。元サッカー選手のデービッド・ベッカム(46)など、世界の大スターが愛用する伊アイウェアブランドで、カプセルコレクションでは初の日本人起用となる。

 りんたろー。(35)は「昼夜問わずアイウェアつけてるタイプ」と明かし、100本近くアイウェアを所持しているという。「マスクとサングラスだと芸能人感がでるので、出したくないときは薄めのレンズにして、『りんたろー。です』と歩いている」とこだわりを明かした。

 一方、兼近大樹(30)はあまり日常でサングラスをつけないようで「これを機に、がしがし芸能人感を出していきたいです」と意気込んだ。

 今後もチャラ男キャラでいくのか問われると、りんたろー。は「35歳ですけど、まだまだチャラついていきたい」とニヤリ。一方、兼近は「チャラ男をかじりつつ、大きなところに関わりたい。チャラ男強すぎると使ってもらえないので、いいところついていきたいですね」とちょうどいいチャラさを追求していくことを明かした。

関連リンク

  • 6/3 11:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます