桃月なしこ[アザーカット&インタビュー]多彩なシーンで魅せつけた最上美ボディ「今回の撮影はかなり身体張っています」『グラビアザテレビジョン』表紙登場

桃月なしこが、6月2日(水)発売の『グラビアザテレビジョン』(KADOKAWA)の表紙に登場した。今回、“逃げる”をテーマに挑戦的なグラビアに臨んだ桃月。本記事では、同誌出演への想いや撮影秘話、近況などについて、桃月が語ったインタビューをお届けしよう。

ーー『グラビアザテレビジョン』表紙登場への感想をお願いします。

桃月:
『グラビアザテレビジョン』初登場で表紙を飾れて本当に嬉しいです。『グラビアザテレビジョン』が3年ぶりに発売されるという記事を見た時から、私も出たいなあと思っていたので、それが今回表紙という形で夢が叶って嬉しく思います。

ーー今回の表紙は同じ事務所の黒木ひかりさんとの2バージョンで、誌面でもゼロイチファミリアのタレントが出演しています。

桃月:
2バージョン表紙はプレッシャーもあるんですけど(笑)、同じ雑誌でも2パターン楽しめるっていうのはいいのかなと思います。また、購入場所によっては特典であるポストカードの絵柄が違ったりするので、みなさんもどこで買おうか迷っちゃいますね(笑)。もちろん私のおすすめは全種類コンプリートなんですけど(笑)。さらに今回は表紙の私とひかりちゃん以外のゼロイチタレントが多数掲載されているので、ゼロイチファミリアが好きだよーっていう方にも楽しんでもらえる1冊になっているんじゃないかなあと思います。

ーー撮影時のエピソードをお願いします。

桃月:
めちゃくちゃあります!(笑) 表参道をウエディングドレスで走ったんですけど、まあ人通りが少なくないので、周りの視線が! 恥ずかしくて!(笑) さらに砂丘での撮影では、撮影時期的にはまだそんなに暑い時期ではなかったんですけど、やっぱり砂が太陽の光を吸収しているので、裸足で走り回るのがなかなかに熱くて(笑)。最後はまさかの海に入水(笑)。これまだ春先の撮影なので、海の水もめちゃくちゃ冷たくて。今回は“逃げる”がテーマの撮影だったんですけど、私、今この海から逃げたい……って思うくらい冷たかったです。でも、そのお陰で撮影後は温泉に連れてってもらって身体がポカポカになりながら帰れたので、逃げなくてよかったです(笑)。それくらい今回の撮影はかなり身体張っているので、お願いします、たくさん見てください!

ーー豪華メンバーと一緒に<ポケモン竜王戦2020>配信に出演していましたね。

桃月:
本当に豪華メンバーすぎて、私この中に入ってて大丈夫!?って思いました。でも、同じ趣味を持った人たちと好きなことについてこんなに話せる機会はあまりないので、仕事というよりも純粋に楽しんでしまいました。あばれる君さんが使うサポートカードの「あばれる君」、本当に最高でした(笑)。自分の知識はまだまだなのですが、ゲストのみなさんにも“カードめちゃくちゃ詳しいですね!?”と言ってもらえたのがすごく嬉しくて、もっと精進しようと思いました。竜王戦本戦に関しては、やはりその道のプロ同士の戦いなので、自分が考えてもいなかった戦法で戦っていたり、まさに“これ読み合いになるよ!”を目の当たりにしたので、観てるだけなのにこちらも手汗がすごくて、ついつい見入っちゃいました。プレイする側も楽しいけれど、やっぱ強い人たちのプレイを観るのも楽しいなって思いました。

関連リンク

『グラビアザテレビジョン』公式サイト桃月なしこ 公式Twitter桃月なしこ 公式Instagram

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/3 11:19
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます