小泉孝太郎“冬彦”、プロレス観戦中に事件発生!ゆいPは「ゼロ係」に恋愛相談を…

拡大画像を見る

小泉孝太郎主演の金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON5』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第6話が6月4日に放送される。

本作は、警察小説・時代小説を多く生み出した作家・富樫倫太郎の「生活安全課0係」シリーズをドラマ化した作品のシーズン5。厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の「なんでも相談室」通称ゼロ係を舞台に、“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦(小泉)と、“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の“迷コンビ”はもちろん、毒舌の事務員・本条靖子(安達祐実)、岩手訛りが抜けない、ゆとり世代の巡査・太田文平(戸塚純貴)、ムードメーカーだが酒乱の係長・横山建夫(片岡鶴太郎)というお馴染みのメンバーと、今シーズンから「なんでも相談室」に加わったスイーツ大好き・大林夏彦(石田明・NON STYLE)の個性的な面々が、さまざまな難事件を解決していく姿を描いていく。

第5話では、普段はマイペースですっとぼけたキャラクターの文平(戸塚)に、殺人の容疑が!? これまで見せたことがないような文平のシリアスな表情が話題になっていた。

<第6話あらすじ>
なんでも相談室への依頼でプロレス興行を訪れた冬彦(小泉)と寅三(松下)。

リングサイドで観戦していると悪役レスラーの村田(佐々木大輔)が必殺技である目つぶしの毒霧を放ったあと、対戦相手の阿久津(上野勇希)が苦しみだし、村田と共に倒れてしまう。

その後、阿久津は死亡、村田は意識不明の重体に。毒霧には青酸カリが含まれていたことが判明し冬彦と寅三が捜査を始めると、二人は複数の人間から恨みをかっていたことがわかり……。

一方、「なんでも相談室」のメンバーは恋愛相談に来た高梨さくら(ゆいP・おかずクラブ)とスイーツ店を訪れることに。すると、その店に飾られていた一枚の写真の中に“あの人”が!?

関連リンク

  • 6/3 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます