親子で楽しめる!週末に行きたい秋田県の観光スポット3選

拡大画像を見る

みなさん、こんにちは。今年の夏は本当に暑いですね。まだまだ暑い日が続くとは思いますが、これから季節は秋に変わり行楽シーズンに突入します。そこで今回は、子どもも楽しめる秋田県内の観光スポットを3つ紹介したいと思います。


なまはげ館



最初に紹介するのは「なまはげ館」。やっぱり秋田と言ったらまず思いつくのがなまはげですよね?
なまはげは秋田県の男鹿半島を中心に行われてきた伝統行事で、藁をまとった姿に鬼のような仮面をつけ、「悪い子はいねがー」と家々を訪問する様子が有名です。

ここ「なまはげ館」では、様々な展示や映像からなまはげ行事について学ぶことができます。なまはげの仮面は地域ごとに異なっており、それぞれの地域のなまはげ面が計100体以上並んで展示されている様子は圧巻です。



なまはげ変身コーナーでは、実際になまはげの衣装を着ることができます。親子でなまはげに変身して、記念撮影を楽しんではいかがでしょうか?

また、隣接する「男鹿真山伝承館」では、なまはげ行事を実際に体感することもできます。


<スポット情報>
なまはげ館
住所: 秋田県男鹿市北浦真山
電話: 0185-22-5050


男鹿水族館GAO



続いて紹介するのは「男鹿水族館GAO」。この水族館には400種1万点の生き物が展示されています。入場するとまず出迎えてくれるのが、男鹿の海に生息する40種2000匹もの生き物を展示している「男鹿の海大水槽」。マダイやシマアジ、アオウミガメが優雅に泳いでいます。他にも秋田の森や川に生息する生き物を展示する「秋田の川コーナー」や、秋田県の魚「ハタハタ」に特化した展示を行うコーナーもあります。



子どもたちに人気なのはペンギンやアザラシ、アシカにホッキョクグマです。時間帯が合えばエサやりの様子を見学することができます。

また「タッチプール」のコーナーでは、磯に生息するヒトデやヤドカリに触れることができます。自分の目で見て、手で触れて、生き物について学ぶことができる展示内容になっています。


<スポット情報>
男鹿水族館GAO
住所: 秋田県男鹿市戸賀塩浜字壺ヶ沢
電話: 0185-32-2221


ハーブワールドAKITA



最後に紹介するのは「ハーブワールドAKITA」。総面積2万平方メートルの大きなガーデンに約250種類のハーブが植えられています。季節によって鑑賞できる植物が変わり、初夏にはバラやラベンダー、秋にはコスモスやサルビアがきれいに咲き誇ります。



クラフト工房では、ハーブ園で栽培されたハーブをドライフラワーにして作るリースや、植物油を利用した石鹸を作ることができます。どちらも自分だけのオリジナルを短時間で簡単に作ることができます。ぜひ親子で手作り体験してみては?


<スポット情報>
ハーブワールドAKITA (アキタ)
住所: 秋田県由利本荘市西目町沼田字新道下490-5
電話: 0184-33-4150


秋田で親子の思い出作りを!



いかがだったでしょうか?
今回は親子で一緒に楽しめる秋田の観光スポットを3つ紹介しました。
ぜひ次の週末はお子様を連れて遊びに行ってみてください。きっと喜んでくれますよ。

関連リンク

  • 6/3 0:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます