≠ME 1stコンサート涙で完走、待望の1stツアーをサプライズ発表

拡大画像を見る

≠ME初の有観客単独コンサート「≠ME 1stコンサート 〜初めまして、≠MEです。〜」が6⽉1⽇・2⽇に中野サンプラザで⾏われた。 


≠MEは2020年に予定していた初の単独コンサートとなる関東ツアーをコロナ禍で中⽌していたため、満を持してのステージとなった。 暗転したステージ奥からセンターの幕が開き冨田菜々風が登場すると、ゆっくりステージに置かれたマイクへ向かい、拾い上げた。アイドルとしてステージに⽴つ決意を表すかのような演出から、4⽉ にリリースしたデビューミニアルバムのリード曲『秘密インシデント』で1曲⽬がスタート。⽔⾊の新⾐装で≠MEらしさ全開の中、イントロで冨⽥が「みなさんこんにちは!初めまして、≠ME です!今⽇は私たちの楽しいライブ、しっかり⾒ていってください!」とファンを煽り、キレキレなパフォーマンスで会場の空気を作り上げた。


3曲⽬には、鈴木瞳美がセンターをつとめる『ポニー テール キュルン』をパフォーマンス初披露。続けて『君の⾳だったんだ』を披露しMCに⼊ると「みなさん初めまして!私たち≠MEです!よろしくお願いします!」と、全員でおなじみの元気な挨拶。「みなさん、お元気でしたかー!?≠ME初めての単独コンサートが、ついに!ついに!!実現しましたー!!」と冨⽥が嬉しさ溢れる声で話すと、続けて⾕崎早耶が「結成から2年間、ついに夢のステージ、1stコンサートに⽴つことができて、本当に嬉しいです!ここまで待ってくれたファンの皆さん、そしてスタッフの皆さんに感謝しています。本当にありがとうございます!」 と感謝を伝えた。 


続けてユニット曲パートでは冨⽥がソロ曲『空⽩の花』をステージセンターで堂々と歌い上げ、会場を魅了した。ダンスパートへ突⼊するとメンバーそれぞれの⻑所を⽣かしたかっこいいダンスでぐっと空気を変えて9曲⽬の『P.I.C.』へ。ダブルセンターの冨⽥と蟹沢萌子を筆頭に気持ちよく揃ったダンスでパフォーマンス⼒の⾼さを⾒せつけた。 13曲⽬の『クルクルかき氷』は通常タオルを回して盛り上がる楽曲だが、この状況下を汲みてタオル回しを⾏わない代わりに、お客さんのペンライトを使ったウェーブを演出して会場の⼀体感 を⾼めた。14曲⽬の『てゆーか、みるてんって何?』は”みるてん”こと本田珠由記のセンター曲で、こちらもパフォーマンス初披露。15曲⽬『君と僕の歌』では印象的な「⼤きいステージに連れて⾏く」というフレーズでメンバー越しのファンがステージ上から映され、スクリーンに感動的な光景が広がった。 


冨⽥から「早いもので、次の曲が最後の曲となりました。私たちが結成されて2年、なかなかデビューすることができず、みなさんをここまで待たせてしまったことを本当に申し訳なく思って います。でも、みなさんのおかげでこうして無事にデビューすることができました。今⽇このステージから、また少しずつ成⻑していきたいって思いました。そして、指原さんを初め、私たちに関わってくださったみなさんに感謝をして、この歌をこれからも⼤切に歌っていきたいなって思っています。私たちは、この歌と⼀緒に強くなる。ここまで私たちを信じてついて来てくれた皆さん、本当にありがとうございます。これからも私たちについて来て下さい!聞いてください、≠ME!」と最後の曲振りが。ここのMC、2⽇⽬には≠MEの夢として“東京ドームに⽴つこと”を改めてファンに伝え、冨⽥から「簡単ではないことは分かっています。でもみなさんがこうしてずっといてくれるから私たちは⾃信を持って胸を張って宣⾔することができます。」とファンとの絆を誓い、会場全体がエモーショナルな空気に包まれる中で『≠ME』のパフォーマンスを⾏い、本編が終了した。 


アンコールではコンサートグッズのパーカーに着替えたメンバーが登場すると『秘密インシデント』を歌いながらステージ上を⾃由に駆け回り、⼿を振りファンサービスを⾏った。続けて『スタート!』を披露しMCに⼊ると、感極まったメンバーが涙する場⾯も。そして2⽇⽬にはメンバーが感想を終えると急にスクリーンへ「特報」の⽂字が映し出され、ステージが暗転。なんと”1st ツアー「やっぱり、恋をした」“のサプライズ発表が!全国7会場と⽇程が発表され、メンバー全員が嬉しさのあまり⼤絶叫した。全員が興奮の中、リーダーの蟹沢が「いま、発表があって、なんと≠MEで1stツアーを開催させていただくことになりました!本当にありがとうございます!すごくびっくりしている気持ちと、やっぱりこの2⽇間を通して皆さんと⼀緒にライブができること が本当に幸せなことだなと強く感じたので、こうしてまた皆さんと⼀緒に⼤切な⼤切な⻘春を⼀緒に過ごせる機会をいただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。いつも応援してくださるみなさんがいるからこそ、私たちはここに⽴つことができます。これから始まる1stツアーを⼀緒に最⾼のものにしていただけますか!?」とファンへ煽り、会場からも問いに答える形で盛⼤な拍⼿が起こった。


続けて蟹沢から「この1stツアーを通してまた何倍も成⻑できるように、そしていつもみなさんからたくさんいただいている愛を⼤きくしてお返ししていけるように、そして夢の東京ドームへと向かって、みなさんと⼀気に駆け上がっていけるように 12⼈で精⼀杯がんばります!これからも≠MEの応援をよろしくお願いします!」と挨拶をすると、会場からは溢れんばかりの拍⼿が起こった。


最後の楽曲『⾃分賛歌』を終え、蟹沢から「改めまして、本⽇は本当に最後までありがとうございました!皆さんからの温かい拍⼿やペンライト、そして配信でご覧いただいたみなさんのおかげで無事に1stコンサートを終えることができました。昨年メジャーデビューが決定し、今⽇ついにこうして1stコンサートを開催させていただけたことを本当に嬉しく思いま す。そして初めてのツアーが決定してこれからみなさんと⼀緒に作っていく物語が本当に楽しみで、すごく幸せです。みなさんと⼀緒に⼿を繋いで、ぎゅっと握って、常に最⼤瞬間⾵速でアイド ル界の頂点まで駆け上がっていきたいと思います!本⽇は本当にありがとうございました。必ずまたお会いしましょう!」と挨拶をした。 なお、本コンサートは、ドアを開けて換気を⾏いながら、感染対策に⼗分配慮をした上で開催された。


関連リンク

  • 6/3 0:40
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます