『家、ついて行ってイイですか?』第1子を亡くした若夫婦の実感「手が掛かるって幸せだよね」

 5月26日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)に登場したのは2組のご夫婦。日常にある“当たり前の幸せ”の尊さを教えてくれた。

若夫婦が娘に駄菓子を爆買いした理由

 上野の菓子店で番組が声を掛けたのは、1歳の娘さんを連れた若いご夫婦。ご主人が24歳で奥さんが23歳、見るからに幸せそうな3人家族だ。

「(娘が)駄菓子が好きなんでよく買いに来てます」(ご主人)

「お菓子代をお支払いするので、家について行ってイイですか?」と切り出すと、ご家族は訪問をOKしてくれた。それにしても、1歳になったばかりだという娘さんは髪がふさふさで、すくすく育っている。その年齢で駄菓子が好きというのも珍しいと思う。

 というわけで、3人の住む家へ行くことに。ちなみに、菓子店で使った買い物代は7,954円。たくさん買った! 娘さんのため、お菓子は月1で大量買いしているそうだ。冷蔵庫を見せてもらうと、冷凍室は離乳食ばかり。当然と言えば当然だが、この家族は娘さん第一の生活を送っているようだ。その甲斐あってか、彼女は2歳近くの子が食べる量をぺろっとたいらげるという。ご主人は娘さんが生まれたばかりのときの写真を誇らしげに見せてくれた。これがまた、見るからに超健康体なのだ。

「同じ日に同じ病院で5人くらい生まれたんですけど、1番体重もありましたね。3410グラム」(ご主人)

 一方、パパとママは29円の餃子パックで食事を済ませている。

「大人は米さえあれば何とかなる」(ご主人)

 ちなみに、ご夫婦の出会いはTwitter。2人に共通の知人がいて、奥さんのアカウントを発見したご主人が「可愛いな」と思い、突然DMを送ったというのだ。そうして交際はスタートし、2017年に2人は結婚する。プロポーズはなかった。奥さんが妊娠したのだ。今、ご夫婦が育てる娘さんは次女である。部屋の片隅を見ると、骨壺と遺影があった。

「長女がそこに。ゆのって名前なんですけど。2018年の4月8日に生まれて5月8日に天国へ行っちゃったんで。(生まれて)ちょうど1カ月って感じで」(ご主人)

 病院で生まれたゆのちゃんには何の異常も見られず1度は退院したものの、2週間検診で心臓に穴が2つ空いていることがわかった。さらに、大動脈が細くなって全身に血液が行かない大動脈縮窄症であることも判明。すぐに手術は行われ、心臓は自力で微かに動く状態に。ひとまず心臓を休ませ、機械(人工心肺)で動かすことにした。ただ、この人工心肺装置もそこまで期間はもたない。取り替えるとなるとその間に脳に血液が回らず、脳に障害が残る可能性がある。若き父と母は担当医から二者択一を迫られた。

「リスクを賭けて人工心肺装置を新しいものに替え命を繋げるか、1回外して自分の心臓の力に賭けてみるか」

 2人は考え続け、決断を下した。

ご主人 「チューブに繋がれて手術を十何時間乗り切ったので、もうこれ以上辛い思いをさせたくないみたいな感じで」
奥さん 「『最後は楽にさせてあげたいな』って思いのほうが強かったですね……」
ご主人 「『じゃあ、(人工心肺を)外してください』って。(人工心肺の)強さをどんどん下げていって、下げていくと同時に血の気も引いていっちゃって。最後は抱っこしながら天国へ旅立ったっていう感じで」
奥さん 「辛かったです。1カ月で天国へ行っちゃう。ベビーベッドとか家にあるベビー用品を見るとダメになっちゃいそうで、家に帰るのも辛かったです、匂いとか残ってるんで、家に。赤ちゃんの匂いというか。本当にいなくなっちゃったんだなと思って……」

 2人はまだ24歳と23歳だ。心の整理がつけられるとは思えない。ゆのちゃんの納骨はまだしていなかった。

ご主人 「自分か嫁、どちらかが死んじゃったときに一緒にお墓に入れようかなって。1人じゃ可哀想じゃないですか」
奥さん 「そばにいたいかなと思って」

 次女が生まれたときは「また同じことが起こるんじゃないか」と、嬉しさより不安が先行したという。まずは2週間、1カ月、何事もなく生きてくれることを2人は目標にした。

奥さん 「何かあったら病院に行ってました、すぐに」
ご主人 「手が掛かるって……」
奥さん 「幸せだよね」

 無事に生まれ、無事に育つ。当たり前のようで、決して当たり前ではない。五体満足がどれだけ尊いか。「手が掛かるって幸せだよね」の言葉には、実感がこもっていた。苦しみを乗り越えたからこそわかる幸せ。手が掛かるのは、我が子が生きている存在証明である。

 冒頭、ご夫婦が娘さんのためにお菓子を爆買いした理由がわかった。そんなの、誰だって我が子を甘やかせたくなるだろう。

 横浜市鶴見区の商店街で番組が声を掛けたのは、金婚式を迎えたという高齢のご夫婦。どうやら、2人でお散歩中のようだ。見るからに仲良しのお2人の家に番組はついて行くことにした。

 ご自宅は立派な一軒家。広い玄関から、古くに建てられた家だとわかった。元々はご主人のご実家で、築は82年。庭に行くと、立派なビワの木が育っていた。

「これ、我々が結婚したときに植えたらこんなに大きくなった。だから、50年。我々が結婚して50年だから」(ご主人)

 父が建てた家に住み、ビワの木は結婚したときに2人で植えた。夫婦の歩みと共に育ったビワの木である。

 寝室に行くと、大きなベッドが1つだけあった。このベッドに仲良く2人で寝ているそうだ。

「温かいです。(夫は)湯たんぽ代わり。夜なんか、寝息を聞いてるだけで幸せを感じる」(奥さん)

 奥さんは料理が大好き。夜の12時くらいまで惣菜を作り、台所に籠ることもしばしばだ。

奥さん 「夫に『美味しい』って言われると、嬉しくなってどんどん作っちゃう」
ご主人 「スーパーの惣菜なんて買ったことないんじゃないかなあ」

 2人の出会いは大学時代。男性5人、女性4人で箱根へキャンプに行ったときに知り合った。ご主人は60年近くずっと持ち歩いているという奥さんの写真を財布から取り出して見せてくれた。

ご主人 「もう一目惚れです、完全に。この写真に惚れたんだよ。可愛いでしょ? これ、いつも財布に入れてんの。おまじないみたいに持ってた」
奥さん 「(私は夫の写真は)持ってない。頭に入ってるから(笑)」
ご主人 「凄いこと言うね(笑)」
奥さん 「(ご主人の第一印象は)その他大勢くらい(笑)」

 照れることなく「一目惚れです」と言い切るご主人がカッコいい。もちろん、交際はご主人の猛プッシュから始まった。手始めは手紙のやり取りから。

奥さん 「週1回くらい(夫から)来ちゃってるから『じゃあ、書かなきゃ』っていう感じで」
ご主人 「7年間ずーっと文通で(笑)。手紙ばっかりで、途中から電話になって」

 昨年、ご主人は狭窄症とヘルニアで入院した。奥さんが家で長期間1人になるのは初めてのことだった。

「本当にね、つまんない感じ。『1人ってこういうことなんだあ』って思って。お料理を作るのも大好きな私が、作るのに『つまんないなあ』と思ったね。とても味気ない食事。夜1人ってなって温もりがなかったわけ。やっぱり1人って寂しいなあって思って」(奥さん)

 2人の距離を埋めたのはLINEだった。絵文字を多用し、何かあれば長文のメッセージを送るご主人に対し、奥さんの反応は「よかったね」とそっけないものばかり。文通から始まった2人の交際は、LINEを駆使した夫婦生活として今につながっている。マメなご主人だからラブラブな関係が続いているのだろう。というか、年を重ねるごとに2人の顔は似てきている気がする。

 日常にある幸せをちゃんと噛み締めているこの夫婦。“当たり前の幸せ”は、決して当たり前ではない。だから、「寝息を聞いてるだけで幸せを感じる」という言葉が出てきた。年を重ねてもこんなに仲が良かったら、毎日は楽しいはずだ。

「そんなに難しい話しなくてもいいから、一緒にいて『これ美味しいね』『今日暖かいね』『寒いね』だけでもいいのよね。1番居心地がいいというか。やっぱり、2人っていいなっていう」(奥さん)

 理想の夫婦像を完全に見た。あと、「女性はやはり、愛されたほうが幸せになるのか?」という思いもよぎった。

 

  • 6/2 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます