OPPOスマホ「顕微鏡モード」の実力 ライバルの高倍率カメラ機種とココが違う

拡大画像を見る

スマートフォン(スマホ)ブランドのOPPOが発売する新機種は、ソニーと共同開発したセンサーを搭載したカメラで「10億色」の写真が撮影可能だ。

さらに、60倍まで拡大して撮影できる「顕微鏡モード」も搭載している。スマホとしてはかなりの高倍率に思える。専門家に、その実力を診断してもらった。

中韓スマホで「倍率競争」

「OPPO Find X3 Pro」のリリース文では、「洋服の繊維」「植物の葉脈」といった身近にある物を撮影することで「新しい一面」を体感できるとして推奨している。このような顕微鏡モードは「業界初」とのことだ。

au(KDDI)から6月下旬に、また7月中旬からSIMフリーモデルが発売される。希望小売価格は、auでは調べた限り発表されていないが、SIMフリーモデルは11万8000円(税込)だ。

スマホ・ケータイジャーナリストの石川温氏によると、3~5年前から最近まで、中国や韓国のスマホメーカーの間ではカメラの「倍率競争」が行われていた。中国ファーウェイからは50倍まで拡大できるカメラが備わった機種が、また韓国サムスン電子の「ギャラクシー」ブランドからは、最大100倍のカメラ搭載モデルが、これまでに登場している。

倍率はわかりやすい指標

カメラレンズの倍率をめぐる競争の背景には、他メーカーと自社スマホの差別化を図るにあたり、「50倍」「100倍」といった数字で分かりやすく本体スペックを示せるのが最も大きい理由なのではないかと石川氏は分析する。

一方で、高倍率とユーザーが満足できる画質を両立させることは難しく、こうした倍率競争は「ひと段落している感じがあります」。大サイズのカメラセンサーを搭載したシャープ「AQUOS R6」など、倍率以外の要素で「勝負」しているスマホも登場している。

OPPOの「Find X3 Pro」も、他社のスマホにはない特徴として顕微鏡モードを搭載したのではないかと推測。より倍率の高いカメラを有したスマホはすでに存在するものの、顕微鏡モードは独自の機能であり、拡大して撮影しても暗くならないような照明が備わっているという。このモードについて「面白い」と評価した。

紙幣や皮膚など、普段接写で撮影しないものを顕微鏡モードで撮影することで「遊び」のように楽しめ、小さい被写体を拡大して撮るのにもある程度使えるという。一方で、あくまで「遊び」で使われる機能であり、日常的に使われるかどうかは分からないとした。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/2 20:40
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます