小林悠が2発! 代表組不在の川崎F、先発7人変更の横浜FCを下して無敗維持

拡大画像を見る

 明治安田生命J1リーグ第21節が2日に行われ、横浜FCと川崎フロンターレが対戦した。

 横浜FCは試合前にトップチームの4選手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたこともあり、3日前のガンバ大阪戦からスタメンを7枚変更。古宿理久がリーグ戦初先発となった。一方の川崎Fは谷口彰悟、山根視来、三笘薫、旗手怜央、田中碧が代表活動により不在。イサカ・ゼインがスタメンでデビューを飾ることになった。

 川崎Fは15分、ジェジエウが自陣からロングフィードを供給すると、小林悠が頭ですらして相手DFの背後にボールを送る。抜け出した長谷川竜也がGKとの一対一を制してネットを揺らしたが、オフサイドでゴールは取り消された。

 試合を支配する川崎Fは、39分に正真正銘の先制点を獲得する。自陣で相手の攻撃を止めたジェジエウはそのままドリブルで前進し、右サイドに開いた家長昭博にボールを預ける。家長は左足で低いアーリークロスを送ると、相手DF伊野波雅彦がクリアしたボールは古宿に当たってゴール前にはね返る。これに反応した小林が、ゴール左下隅に流し込んだ。

 川崎Fは67分にリードを広げる。脇坂泰斗はハーフウェーラインから、アウトサイドにかけた絶妙のロングパスを逆サイドに供給。反応した長谷川が柔らかく折り返すと、ファーサイドに飛び込んだ小林がジャンピングボレーで押し込んだ。

 2点を追う展開となった横浜FCは、72分から中村俊輔を投入。42歳の同選手は、節目のJ1リーグ通算400試合目の出場となった。

 試合はこのまま終了し、横浜FCは2連敗で4戦未勝利。川崎Fは2連勝で開幕からの無敗を21試合に伸ばした。次戦、横浜FCは16日に天皇杯2回戦でヴァンラーレ八戸と、川崎Fは9日に天皇杯2回戦でAC長野パルセイロと対戦する。

【スコア】
横浜FC 0-2 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 39分 小林悠(川崎F)
0-2 67分 小林悠(川崎F)

関連リンク

  • 6/2 20:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます