ラストアイドル長月翠「芸能界を離れるのが一番近い選択肢」7月で卒業 美容の道へ

拡大画像を見る

 先月31日にグループ公式サイトにて7月末での卒業が発表された、アイドルグループ「ラストアイドル」のメンバー・長月翠(21)が2日、都内グラウンドで、ダブル主演を務める舞台「球詠」(24~30日、東京・草月ホール)の取材、野球練習会をメンバーとともに行った。

 本作は、マウンテンプクイチによる漫画「球詠」のアニメ版が原作。埼玉県越谷市から全国大会への出場を目指す野球少女たちの青春を、メンバー全員で描いていく。

 この日は、女子プロ野球選手の指導の下、劇中の試合を想定した練習を行うことに。舞台衣装の真っさらなユニホームに袖を通した長月は、練習を前に「舞台ではボールを使わずにお芝居をするので、軌道が分からない。自分たちの動きをしっかり確認したい」と力強く意気込んだ。

 その後、グラウンドへと駆け出していったメンバーたち。全員が野球未経験ということもあり、ベースを踏み忘れるなど苦戦する場面も見られたが、女子プロ野球選手からの指導に熱心に耳を傾け、白球を追いかけた。

 長月は、改めて卒業について「私自身で決めました。人それぞれタイミングあると思うけど、私は21歳になったこのタイミングだと思ったので」と理由を説明。今後については、“未定”としながらも「芸能界を離れるのが一番近い選択肢」とし、「美容に興味があります。顔のパーツごとにキレイにしてあげたいという思いがあるので、これから勉強していきたい。頑張ります!」と決意を新たにした。

関連リンク

  • 6/2 19:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます