90年代の振付師!?博多大吉の「ヘアバンド姿」を見たがる人が続出!

拡大画像を見る

 5月29日深夜放送の「二軒目どうする?」(テレビ東京系)にゲスト出演した駒村多恵。現在「あさイチ」(NHK)にサブキャスターとして出演しているため、この番組で進行役を務める博多大吉とは同僚のようなもの。さらにもう1人の進行役である松岡昌宏は、駒村にとって堀越高校時代の2学年下の後輩だ。

 番組冒頭に駒村は「堀越高校芸能コースというところはですね、朝のホームルーム、お昼ご飯、最後の放課後ホームルームを、1年生から3年生まで同じ教室で集まって行うので、だからもう1年生に入った時から(松岡を)存じあげておりまして」と先制パンチ。続けて「まぁご立派になられて。松岡くん、ご立派になられて私はうれしい!」と先輩らしく松岡の活躍に称賛。

 その後、話題が博多のヘアスタイルに移り、2人は幅の広いヘアバンド姿の博多を「90年代の振付師みたい」と指摘して意気投合。アルコールが入っているためか大爆笑となった。

「博多によれば、テレビ出演時は2時間ほどヘアメイクに時間がかかるそうで、楽屋入りの時は寝癖がついていたり、おかっぱのようになっていたり、ヘアバンドをしていたりするのだとか。中でもヘアバンド姿は、駒村や松岡だけでなく、ほかの芸人らからも不評なので、表では見せないようにしていると明かしました。しかしネット上では『大吉先生の禁断のヘアバンド姿を見てみたい』『ヘアバンドをしたふかわりょうと並んで見せてほしい』など、その姿を見たがる声があがっているようです」(女性誌記者)

 お笑い界のディーン・フジオカとの異名を持つ博多。ぜひ90年代の振付師のような姿を披露してほしい。

関連リンク

  • 6/2 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます