ゆにばーす・はら、詐欺メイクの破壊力アップ「田中みな実かと思った」の声も

拡大画像を見る

『生配信 よしもと市場』で6月1日に配信された「ゆにばーすはらちゃんの#モテメイク特集」を終えて、はらが自身のインスタグラムで「久しぶりのメイク」とその姿を披露したところ、「誰? 間違えフォロー? って思いました かわいい」、「もう芸術ですね」と反響があるなか「山田菜々さんかと思いました!」と元NMB48のタレントに見えたり「田中みな実かと思った」という人が見受けられた。

普段はプロ野球・日本ハムの清宮幸太郎選手や俳優の浅野忠信に似ていると、自ら寄せているゆにばーす・はら。『M-1グランプリ2020』の敗者復活戦では「誰がJ.Y. Parkやねん!」とガールズグループ・NiziUを育てたプロデューサーをネタにして笑いを誘ったものだ。一方ではメイクテクニックが認められて2018年1月に女性ファッション雑誌『CanCam』でメイク術が特集されると、同年4月には美容雑誌『VOCE』の公式YouTubeチャンネルで「別人級メイク」を披露して「ガッキーに見えた」などと注目を集めた。

今年1月には『ViVi』公式YouTubeチャンネルでも「詐欺メイク」を披露しており、以前よりも進化を見せている。かつてはガッキーこと新垣結衣にたとえられたというのもすごいが、このたびは2019年12月に発売した写真集がヒットしてロングセラーとなり、雑誌『VOCE』による「2020年“最も美しい人”」に選ばれたフリーアナウンサーの田中みな実にたとえられたのだから、はらのメイクにも“あざとさ”が加わり破壊力がアップしたのではないか。

そんなゆにばーす・はらは昨年12月にインスタグラムで「誰でしょう?」とメイクを施した女性の姿を投稿したところ、「さっしーに似てる」、「さっしーにみえた!!」とタレントの指原莉乃に見えたという声が多数寄せられた。正体ははらと同期の稲田美紀(紅しょうが)だったため、フォロワーが「めっちゃさっしーかと思った~ メイクの技術って凄い」と驚いていた。これからは他者を変身させるパターンでメイクのバリエーションが増えるかもしれない。

画像は『ゆにばーす はら 2021年5月22日付Instagram「最新の写真ほとんどそう」、2021年6月1日付Instagram「久しぶりのメイク」、2021年1月13日付Instagram「vivi 公式YouTubeチャンネルにはらがいるよー!」、2020年12月11日付Instagram「誰でしょう?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 6/2 15:52
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます