U-24代表戦へ意気込む南野拓実「A代表として負けられない試合」

拡大画像を見る

 日本代表のMF南野拓実(サウサンプトン/イングランド)がオンライン上で取材に対応した。

 日本代表は3日にジャマイカ代表と対戦する予定だったが、ジャマイカ代表20選手のうち、10選手が義務付けられた5月31日までの来日が出発前検査の方法等を理由にフライトに間に合わず、開催不可能に。これを受け、同日に日本代表vsU-24日本代表の試合が開催されることが決定した。

 南野は「楽しみだなという気持ちが一番ですね」とU-24日本代表との対戦が決定したことへの感想を口にし、「こんな機会、今後もないと思う。いろいろなことがあってこうなりましたが、U-24の選手も必死にプレーしてくるでしょうし、僕たちも勝利にこだわってプレーしたい。真剣勝負になると思うので楽しみです」と対戦を心待ちにしていることを明かした。

 U-24日本代表にとっては3日に日本代表との対戦が決定したことで、5日のU-24ガーナ代表戦を中1日で迎えることになった。南野は「オリンピックの選手が特にタイトなスケジュールになるし、オリンピック前でケガを絶対したくないと思う」とU-24代表について言及した一方で、「オリンピックへのアピールにもなるし、A代表への直接のアピールにもなる。モチベーションはすごく高くやってくるだろうなと思っています」と試合予想しつつ、同試合に向けて次のように意気込みを語った。

「僕らもA代表として負けられない試合だと感じていますし、本気の試合になるだろうなと。僕たちもそうなので。難しさややりにくさ、いろいろな状況はあるが、試合はお互いに本気だと思うので、ケガなくやれればいいかなと思っています」

 また、5月28日に行われたミャンマー代表戦でともにプレーした鎌田大地について南野は「フランクフルトでもトップ下でやっていて、スペースを使うことがうまい選手。僕もその特徴があって、お互いの動き出しを見て、スペースを活かそうと意識している。ポジション変わらないように時にはポジションチェンジをすることも相手は嫌なプレーだと思う」と連携面での手応えを口にしつつ、「二人だけではなく、この間の試合だったらサコくん(大迫勇也)や(伊東)純也くんだったり、ボランチの選手でもそういうところにつけながら攻撃をやっていくことは話し合っている。それぞれの特徴を活かしてプレーできたらなと思う」と語った。

関連リンク

  • 6/2 13:00
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます