編集部がおすすめする初夏のトレーニングサポートグッズ3選

拡大画像を見る

トレーニングイメージ

そろそろ暑さを感じる日が出てきましたね。梅雨が終わればすぐに本格的な夏が到来。さわやかな今の時期は、外での運動も活発に行いたいですが、熱中症対策や暑さ対策は、し早めに始めておいて損はないと思われます。そこで今回は、これからの季節に向けて、日々のトレーニングをサポートするグッズを3つ紹介します。

暑い季節のトレーニングのポイントは?

暑い季節のウォーキングやジョギング、ジムでのトレーニングなどでは、汗をいっぱいかきますよね。特に初夏は、まだ身体が暑さに慣れていないこともあって、脱水や熱中症には十分、気をつけたいものです。

スポーツ庁が発行している「スポーツ事故防止ハンドブック」では、熱中症事故防止のページで運動をするときの「熱中症予防の原則5か条」が紹介されています。

●熱中症予防の原則5か条

1.環境条件を把握し、それに応じた運動、水分補給を行う。

2.暑さに徐々に慣らしていく。

3.個人の条件を考慮する。

4.服装に気をつける。

5.具合が悪くなった場合には早めに運動を中止し、必要な処置をする。

【出典】スポーツ庁「スポーツ事故防止ハンドブック」(https://www.jpnsport.go.jp/anzen/Portals/0/anzen/anzen_school/R2handbook/handbook_A5.pdf)

暑い時期の運動はなるべく涼しい時間帯にするようにして、休憩を頻繁に入れ、こまめに水分を補給することが推奨されています。

運動前後の体重を測定すると、水分補給の適切さが分かるとのこと。体重の3%以上の水分が失われると 体温調節に影響するといわれており、運動前後の体重減少が2%以内に収まるように水分補給を行うとよいそうです。一度、運動前後で体重を計ってみて、確かめてみるのも良さそうですね。

これらのポイントを押さえて、夏のトレーニングを効率よく行っていきましょう!

トレーニングのお供に活用したい注目のアイテム3選

トレーニング時には、しっかりと水分補給や塩分補給、暑さ対策を実施したいものです。そんな対策の助けになるアイテムを3つ、集めてみました。

1.GAURA「水素水&水素ガス生成ボトル『GAURA walk(ガウラウォーク)』」

YouTube URL[https://youtu.be/0zdiluAbOQE]

近年、その美容・健康効果が話題になっている水素水。アスリートたちも活用しているとあって、トレーニング時に飲むという面からも注目されています。

水素水&水素ガス生成ボトル「GAURA walk(ガウラウォーク)」は、水道水やミネラルウォーターをボトルに入れてスイッチオンするだけで、電気分解が行われ、たった5分で高濃度な水素水がつくれる画期的なアイテム。

ボトルの下部に酸素排出口があるので、電気分解の際に発生した酸素を排出でき、より純度の高い水素水が得られます。

また、注目すべきは、このボトル1本で水素水を飲むだけでなく付属の水素ガス吸入セットを使って、“水素ガス吸入”が可能という点!ボトルにカニューラというチューブを付けて、簡単に鼻から水素が吸入できます。

日常生活やトレーニング時の水分補給、休憩時や就寝前の水素吸入と、水素ライフを始めたい人にもぴったりです。

2.カバヤ「塩分チャージタブレッツ」

カバヤ「塩分チャージタブレッツ」

熱中症対策といえば、水分に加えて塩分の補給も重要といわれます。特に汗をかくトレーニング時に、より手軽に摂取できそうなのが、カバヤの「塩分チャージタブレッツ」。長年、支持されてきましたが、今年リニューアルしました。

発汗で失われる塩分やカリウムを美味しく手軽にチャージできるタブレットで、日本気象協会推進「熱中症ゼロへ」プロジェクトの公式アイテムかつ、2017 年から日本学校保健会の推薦商品として認定されている商品でもあります。

スポーツドリンク味と塩レモン味の2種類があるので、味に飽きずに楽しめるのもポイントです。

トレーニング前後の摂取のほか、軽い運動なら、なめながら実施できそうですね。

3.リベルタ「FREEZE TECH 氷撃マスク」

リベルタ「FREEZE TECH 氷撃マスク」

屋外やジム内でのトレーニング時には、まだまだマスク着用が欠かせません。でも、夏になると暑さが増してきて、マスク内に熱がこもり、トレーニングがしにくくなることも予想されます。

そんなときに試したいのが、冷たいマスク。

リベルタが手がけるクーリングウェア・ギア「FREEZE TECH(フリーズテック)」シリーズにある「氷撃マスク」は、接触冷感生地を上回る、ひんやり冷感と消臭が持続するマスクで、炎天下での運動シーンにぴったり。

特殊な冷感プリントで処理した生地が、人の皮膚から発生する水分(汗)を吸収すると、その吸熱特性によって生地の温度が下がり、優れた冷感効果を発揮します。

トレーニング時はこれに付け替えるのも良さそうです。

*

すでに5月から熱中症リスクはあるといわれるため、早めに対策アイテムを準備して、万全の状態でトレーニングに励みましょう!

 

Information

GAURA「水素水&水素ガス生成ボトル『GAURA walk(ガウラウォーク)』」(https://www.gaura.co.jp/user_data/gaurawalk.php)

カバヤ「塩分チャージタブレッツ」(https://www.kabaya.co.jp/catalog/chargetablets/)

リベルタ「FREEZE TECH 氷撃マスク」(https://liberta-online.jp/shop/products/25153654)

  • 6/2 12:00
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます