深田恭子の代役・比嘉愛未、2本の主演ドラマが同時進行の異例事態!

拡大画像を見る

 女優の比嘉愛未が、7月期放送のドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)に主演する。当初は女優・深田恭子の主演が予定されていたが、適応障害の治療のために降板。深田の代役として白羽の矢が立ったのが、比嘉だ。

 比嘉は5月29日更新のインスタグラムで「いろいろ考えだすとキリがないので、もうやるっきゃない!の覚悟です」と決意表明。「『千変万化』人生はいろいろあってこそ面白い。とことん楽しんで挑みたいと思います」とやる気も十分だ。

「推しの王子様」で比嘉が演じるのは、女性向け恋愛ゲームを手がけるベンチャー企業の社長。俳優・渡辺圭祐扮する無作法・無教養・無気力なイケメンと出会い、自分の理想の男性へと育てていくロマンティック・コメディだ。

「フジテレビのエンタメメディア『フジテレビュー!!』によると、仕事や言葉遣い、マナー、恋の仕方まで、比嘉は渡辺に教え込んでいくといいます。比嘉の〝調教〟ぶりが見どころの1つでしょう。スポーツ紙の報道によると、フジテレビの狩野雄太プロデューサーは『多面的な魅力があって自立した女性像を、比嘉さんならば素敵に演じていただけると確信しております』と比嘉の演技力に太鼓判。どんな女性を演じるか、今から楽しみです」(テレビ誌ライター)

 実は比嘉、6月2日スタートのドラマ「にぶんのいち夫婦」(テレビ東京系)にも主演する。同作で比嘉が演じるのは結婚2年目の主婦。イケメンで誠実な夫と幸せな結婚生活を送っていたが、あるとき、ひょんなことから夫のスマホに届いた見知らぬ女性からの意味深なメッセージを見てしまった。2カ月の行為レスも重なり、不安になった比嘉が不貞の証拠探しに動き出すという展開だ。

「『推しの王子様』では自立した女性社長を演じますが、『にぶんのいち夫婦』では、夫の不貞を疑い心が揺れ動く主婦を演じます。ある意味、対極に位置する2人の主人公を比嘉がどう演じるか、とても興味深いです。うまく演じ分けることができれば、大飛躍のきっかけになることは間違いありません」(前出・テレビ誌ライター)

 代役を契機に大女優になるチャンスだ。

(石田英明)

関連リンク

  • 6/2 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます