ウーバー配達員から”神”呼ばわり! 岡村隆史、太っ腹に"変節”のワケ

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、料理宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員から〝神〟と呼ばれているらしい。5月31日発売の「週刊ポスト」が伝えた。

 岡村はラジオ番組で「朝昼晩、ウーバーイーツいってしまうときもある」と公言したほど、ウーバーイーツのヘビーユーザー。記事によれば、岡村はウーバーイーツの配達員への対応がよく、毎回300円ほどのチップも渡しているという。ウーバーイーツにはアプリでチップを渡す機能があり、岡村もそれを利用していると思われる。チップを渡す人は100人に1人ほどしかいないそうだが、岡村は毎回チップを支払うというので、配達員にとってはまさに〝神〟。しかもアプリには配達員を評価する機能があるが、岡村は必ず高評価するという。

 岡村は2019年11月放送の「スッキリ」(日本テレビ系)でMCの加藤浩次から「打ち上げに行ったとき、お金を出したことが1回もない」と暴露されるほどのケチ。また、17年9月放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)では、ウーバーイーツに対するクレームも。岡村は配達員にマンションの自室の玄関前に置いてくれるように伝えたところ、違う部屋番号の玄関前に置かれてしまったとか。岡村は「全然、違う玄関に置いてて。アホなんかな」と罵倒。配達員のミスだが、岡村の口が悪かったのも確かだ。

 ケチで口が悪い岡村だが、ウーバーイーツの配達員から〝神〟と呼ばれるまで変わったとは……。

「岡村は20年10月10日、一般女性と結婚しました。結婚を機に〝良い人〟に変わったようです。岡村は結婚発表後、『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)に出演。タレントのなるみは番組で紹介した高級卵をお土産として買っていくように勧めたところ、岡村は『僕、買って持って帰ります』と発言。すると、なるみは『(これまで)あんなにお金を払うのを嫌がっていたのにすごいわ。(番組の商品紹介で)何を出しても買わなかった男がお金を出して『買います』と言ったで』と驚いていました。岡村は『なるみさん、(結婚で)僕、変わったかもしれません』と打ち明けていました」(テレビ誌ライター)

 ウーバーイーツの配達員に〝神〟扱いされるのも奥様のおかげのようだ。

(石田英明)

関連リンク

  • 6/2 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます