“高身長Gカップ”の秘密兵器 真中ひまり、記憶に残る抜群スタイルが眩しい

拡大画像を見る

171cmの高身長でGカップの美バストが堪らない美人グラビアアイドル真中ひまりが、4日間にわたって埼玉・川越水上公園で開催された『近代麻雀水着祭★2021』の初日に登場。絶品のスタイルで参加者を魅了した。


この撮影会では3種類の水着を披露。ボトムがチェック柄でミニスカートのようなデザインのビキニが1着目、「下のチェックの柄に一目惚れしました!スカートを履くか迷ったのですが、スカートからチラッと見えるのが可愛いですよね」とテンションが上がったようで、2着目は黒の大人っぽいレース地の変形水着で登場、「黒のレースの水着は露出度はそんなに高くないのですが、お腹のレースの形が可愛いんです!後ろから見たらビキニなのに前から見たらお腹隠れていて勿体ぶってる感じが好きです(笑)」とおどけてみせ、3着目はブラウンかわーのビキニを選び、「ブラウンのビキニ!いつもだったら白を選んでしまうのですが、大人な真中ひまりをテーマにブラウンにして、控えめなひらひら、紐を巻き付けるデザインのものを選びました!」と、こだわりの3パターンでグラビアファンをばっさばっさと悩殺しまくった。

イベント後、真中は「昨年に続き、近代麻雀水着祭に参加させて頂けて嬉しかったです!予報ではずっと雨だったのですが晴れてプール日和でした。昨年は日焼けしたので今年は日焼け止め何回も塗り直しましたが汗で太陽に負けました…川越水上公園は沢山のエリアがあってウキウキするし何より沢山の方に撮って頂けて楽しかったです!いよいよ夏が始まったな、と感じました!」とコメントし、ファンへの感謝と本格的な水着シーズンの到来を喜んだ。


今年は、コロナ禍でも感染対策を施しながら、屋外での撮影会も順次開催される見通し、真中も積極的に参加するそうなので、高身長グラマラスの秘密兵器“ひまりボディ”を撮りに足を運んでほしい。

関連リンク

  • 6/2 8:30
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます