朝活にチャレンジして「自己嫌悪」に陥った結果…【ちょっ子さんちの育児あれこれ 第32話】

ウーマンエキサイトの読者の皆さま、こんにちは。ちょっ子です。
今回は私の自由時間の過ごし方と、その中での密かな楽しみについてお話ししたいと思います。

息子を寝かせてからの夜の一時間半〜二時間くらいが一応の私の自由時間でしたが、なんとなくネットや動画を見ただけでダラダラ終わってしまうことが多くなっていました。ブログ用に何か描いたり、やり残した仕事をしようとしても気分がだらけて集中できなかったり…貴重な時間を有効に使えていないなあ、という感じでした。

そんな中、SNSで朝活の報告をするステキなママさんたちを見て

思いっきり影響されました。
私だって自由時間を早朝にズラせば、爽やかで静かな空気の中、シャキッとした気分でもっと有意義に過ごせるんじゃない?

こう思い、息子が寝るのと同じ時刻(21:30〜22:00ごろ)に布団に入り朝5:00ごろ起きる生活にチャレンジ!
初めの頃は…






夜もボーッとしてるけど結局朝もボーッとしている!
タブレットに入れてたパズルゲームアプリ。ボーッとした頭でもやり出したら止まらず、あっという間に時間が溶けました。朝も早よから私は一体何をしとるんだ!と自己嫌悪に陥ることが多かったです。



そのうち、早起きすること自体にはだんだん慣れてきて
その日の仕事を進めたり、ブログを書いたり、絵の練習や勉強をしたり…と有意義に過ごせて気分のいい日もあったんですが、




こんなこともまあ、よくありますよね。

自由時間なんだから、それでも別にいいはずなのに…夜ダラダラするより朝ダラダラしてしまう方が時間がもったいなく、自分がダメに感じてしまうのは何故なんでしょうね!?

有意義に過ごせたとしても、朝はどうしても子どもを起こす時間が活動時間のリミットになってしまうこと、寝坊なんてしてしまったらその日の自由時間が減る、最悪の場合無しになってしまうことなどにストレスを感じるようになってしまい数ヶ月頑張ったあと、朝5時起きはやめてしまいました。

今はまた夜が私の自由時間となりましたが「思う存分ダラダラしてていい。私は日中忙しく一生懸命働き、すでに十分頑張っているのだから!」という自分に甘々なスタンスで過ごしています。
と言ってもこの時間に仕事をしていることも多いんですが、何時までやるかを自分の裁量で決められる夜の方がやっぱり私にはいいみたいです。

その人の性格、生活の状況によって向き不向きってあるよね、と感じた朝活体験でした。


ところで…
夜の自由時間の中、今の私の「密かな楽しみ」となっているもの、それは…


画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/2 8:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます