加藤浩次、崖っぷち継続!重大問題発言の「全社勉強会」にTBS安住アナ「またぎ問題」!!

拡大画像を見る

 3月末に日本テレビの絶対的エース・水卜麻美アナウンサー(34)とハリセンボンの近藤春菜(38)が卒業。3月29日からは岩田絵里奈アナ(25)がサブMCに就任し、新体制となった朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)。

 同月には、MCの極楽とんぼ・加藤浩次(52)が吉本興業から専属エージェント契約を解除されるなどの波乱はあったものの、世帯視聴率では『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に次いで2位をキープしており、相変わらず番組は好調と言えそうだ。

「ただ、3月12日の放送ではアイヌ民族を傷つける表現があり、『スッキリ』が番組打ち切りの危機に直面している、という報道もありました」(制作会社関係者)

 3月12日の放送で、Huluで独占配信されているドキュメンタリー番組『Future is MINE -アイヌ、私の声』を紹介した際、お笑い芸人の脳みそ夫(41)が、タイトルにかけた不適切な謎掛けを行ったのだ。

 放送日の午後に日本テレビは「担当者にこの表現が差別に当たるという認識が不足しており、放送前の確認も不十分だった。アイヌ民族の方々を傷つける不適切な表現で放送してしまった」とのコメントを発表。

 3月14日には脳みそ夫も自身のツイッターを更新して「勉強不足を痛感」と記した直筆の謝罪文を投稿した。

 しかし、事はそれだけにとどまらず、加藤勝信官房長官(65)が「極めて不適切」とこの問題に言及し、内閣官房の担当部署を通じて日テレに厳重抗議をしていたと明らかにした。

 さらに、日本テレビの大久保好男会長は3月18日の定例会見で謝罪。そして放送倫理・番組向上機構(BPO)が『スッキリ』に放送倫理違反の疑いがあるとして、審議入りを決めた。

■日テレ全関係者向けの研修も実施され……

 前出の制作会社関係者は話す。

「あれから2か月以上が経過した今、この件に関して続報は出ていません。しかし、社内ではかなり大きな動きがあったようですね」

 問題のコーナー「スッキリすの週末オススメHuluッス」は3月12日以降、休止となっている。

「同コーナーは、視聴者をHuluに誘導するためのもの。Hulu日本版を運営している企業は、2014年から日本テレビグループの傘下に加わっているので、Huluの加入者が増えることは日本テレビの収益へとつながるわけです。テレビ離れが進む昨今、日本テレビにとって、Huluの加入者を増やすということは視聴率を取ることと同じぐらい重要な業務でしたが、重大な問題発言があった、ということで休止しています。

 また、5月26日の水曜日、日本テレビでは社員だけではなく制作会社なども含め、同局で働く全関係者にオンラインでアイヌに関する研修を行ったといいます」(前同)

 研修は映像を使ったものだったという。

「研修は北海道大学の先生による講義で、アイヌの歴史や文化などを学ぶ内容だったといいます。また、全関係者が必ず受講するようにという指示があり、受講者はランダムに感想や意見を聞かれるといいます。やはり今回の騒動を、日本テレビがいかに重く見ているか、ということですよね」(同)

■秋からは安住アナも『スッキリ』のライバルに!?

 民放キー局ディレクターは話す。

「『スッキリ』は相変わらず好調をキープしています。世帯視聴率は2位ですが、今、各局が重視する13歳から49歳までのコア視聴率は『スッキリ』が断トツ1位です。これは、3月29日にスタートしたTBSの『ラヴィット!』が壊滅的な視聴率しか取れず、大爆死しているからというのもあるでしょう。また、フジテレビの『めざまし8』も同日にスタートしたばかりで、まだまだ調子は上がってはいない。ですので、現状、『スッキリ』は漁夫の利を得ているとも言えます。

 MCの加藤さんは吉本から契約解除され、『スッキリ』存続の危機も懸念されました。ただ、視聴率がいまだ好調なこともあり、“フリーになったけど加藤さんに影響はない”との声も聞こえています。ただ、全然そんなことはないでしょうね。

 日本テレビ内部でも3月の問題発言は大きな波紋を呼んでいるし、さらに秋からは裏に安住紳一郎アナ(47)の新番組も始まりますからね」

 5月19日、TBSの安住紳一郎アナウンサー(47)が、今秋から同局系朝の情報番組のMCを務めることが発表された。夏目三久(36)がMCを務める『あさチャン!』(月~金曜午前6時)が9月末で終了し、後番組のMCを安住アナが務めることになる。

「『あさチャン!』は午前6時から8時の2時間放送されていましたが、安住アナの新番組は8時をまたぎ、8時30分や9時までになるのではないかとも言われています。それはやはり、スーパーエースである安住アナの影響力を最大限活用したいからです。つまり、『スッキリ』の裏に安住アナの番組が来る可能性があるということ。

 その安住アナの新ニュース番組は、日本全国のTBS系の系列局と連携を取り、生中継をどんどんつなぎ、安住アナのアドリブ力、巧みなフリートーク術を最大限活用していくものになると言われていますね。

 安住アナは6月1日に、TBS社長の佐々木卓氏と面談を行うと自らラジオ番組で明かしていましたが、そこでは当然、10月から始まる新番組の“トップ打ち合わせ”が行われたのではないでしょうか。安住アナはアナウンス能力だけでなく、ディレクター的な演出、番組作りの能力もピカイチと言われています。安住アナを中心に据え、TBSが系列局とともに全力を上げる新番組がつまらないものになることはないでしょう。それを考えると『スッキリ』、そして加藤さんは決して安泰とは言えないんですよ」(前同)

 大きな問題に強力なライバルの出現――今後も加藤は、薄氷を踏む思いで『スッキリ』に出演することになるのかもしれない。

関連リンク

  • 6/2 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • グレイス

    6/2 13:13

    「スッキリ」は8時から10時25分までだから、安住アナの新番組が8時30分とか9時までなら大して影響ないと思うけどなあ。時間が丸被りするのは「ZIP」のほうだよ。

記事の無断転載を禁じます