TOKIO国分、山崎育三郎&元モー娘・なっち夫婦の「子どもを洗う」親密ご近所事情

拡大画像を見る

 5月26日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、山崎育三郎(35)とTOKIO国分太一(46)がご近所トークで盛り上がった。松岡昌宏(44)が「先程もちょろっと伺ったんですけど、TOKIO初だよね?」とTOKIOとの共演が初めてであることを確認すると、山崎は「TOKIOさんは初ですよね」とうなずき、「実は太一さんはプライベートで」と答えた。

 山崎と国分は近所に住んでおり、お互いの子どもが同じ習い事をしていたりと仲良しで、家族ぐるみのつきあいをしているという。山崎は、国分の家について「めちゃくちゃ素敵な家なんです」と語った。国分は、自宅についてTOKIOメンバーに詳しく話したことがなく、城島茂(50)は「犬を飼ってるらしいとは聞いてる」、松岡は「庭が広いっていうのは知ってる」と断片的な情報を披露し、サブゲストのハリセンボン近藤春菜(38)から「えっ、そこも定かじゃないんですか!?」と驚かれていた。

 その後、国分からの「芸能界で山崎育三郎に一番詳しい人誰?」という質問に、山崎は「やっぱり、太一さんなんですかね」と即答。国分は「うわ、マジで! そうなんだ、うれしい!」と喜んだが、松岡は「なんかヤラシイよ」と苦笑い。近藤も「それを引き出すための質問なんじゃないですか?」とツッコんだ。限られた人しか芸能界の友人はいなかったという山崎にとって、国分との出会いは大きかったいい、「太一さんおいしいコーヒー淹れてくれたりするんですよ、家で」「なんでもしてくれます、あんま座ってるの見たことないっていうか。家にいるとずっと動いてるんですよ」と私生活での国分の姿を明かした。

■国分が山崎となっちの子どもをお風呂に

 これを聞いた松岡は「茶一杯もらったことないね、俺たちはね」とボヤき、城島も「ねぇ」としょんぼり。さらに山崎が「お庭でね、テント立ててくださったり」と続けると、松岡は「そんなことしてもらってんの!?」「俺なんて“次の企画書これな”ボンッ! で終わりだよ」「コーヒーとか淹れてくれないね。会社なんか作るんじゃなかったね。メンバーのときのほうが優しかった」と嘆いた。

 山崎は国分を「パパ友」だといい、それぞれの2人の子どもが同じ年齢で、国分は「お風呂入れたりとかね」と告白。国分が山崎の子どもたちをお風呂に入れることもあれば、その逆もあると言うと、「もう、ちょっと(カメラ)回そう」と松岡が食いついたが、国分は「イヤラシイこと言わないで、それはもうプライベートの時間になるからさ」とぴしゃり。しかし、山崎は「俺は回します。太一さんがうちの子洗ってるのは、こうやって動画に撮ってる」と明かし、松岡を笑わせた。

 山崎は、2015年に元モーニング娘。の安倍なつみ(39)と結婚。翌年に第一子を、2018年に第二子を授かっている。同年に「ベストマザー賞」の音楽部門を受賞した安倍は、山崎のイクメンぶりについて「(家に)いないことも多いんですけれど、いるときは全力で子どもと遊んでくれる」とコメント。子どもに自身の歌声を聞かせたり、子どももダンスを踊ったりと音楽にあふれた家庭であると明かしていた。

 今回、山崎が明かした国分とのパパ友話に、視聴者は「ということは国分くんとなっち(安倍なつみ)は会ってるということになる。エモくね?」「山崎育三郎となっちが夫婦で、国分太一と家族ぐるみで仲良しっていう世界」「育三郎くんの話からして国分家……豪邸そう」など、盛り上がっていた。

関連リンク

  • 6/2 6:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます