赤楚衛二『彼女はキレイだった』で大ブレイク!!吉沢亮、馬場ふみかも…”ライダー助演”激売れジンクス

拡大画像を見る

 6月1日、俳優の赤楚衛二(27)が映画『決戦は日曜日』に出演することが発表された。同作は22年公開の窪田正孝(32)主演の社会派コメディで、赤楚は宮沢りえ(48)の秘書軍団の1人として出演する。

 赤楚は5月23日、21年7月期に放送されるSexy Zoneの中島健人(27)と、小芝風花(24)がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)への出演が報じられたばかりだった。

「19年には『ねぇ先生、知らないの?』(MBSテレビ)で馬場ふみか(26)とW主演し、昨年は『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(通称:チェリまほ)』(テレビ東京系)で連ドラ単独初主演。着実にステップアップしてきた赤楚ですが、今年は『彼女はキレイだった』で、ますます躍進しそうですね」(女性誌記者)

『彼女はキレイだった』で赤楚は、ヒロインのよき兄貴分である勝、物語の重要なカギを握る人物を演じるというが、主演の中島健人よりも赤楚に注目している層がいるという。

「実は赤楚、日本以上にタイや中国での人気がたいへんなことになっているんです。というのも、『チェリまほ』は、町田啓太(30)を相手にしたBL風味のドラマだったんですが、これが“制作側も想定外の大化けぶり”とされるほどの出来の良さ。放送開始後から海外からもネット上で熱烈な支持を受け、世界各国で配信されていたんです。国内でもギャラクシー賞の『テレビ部門 奨励賞』『12月度月間賞』『マイベストTV賞 第15回グランプリ』の3本も受賞していました」(前同)

■主演以上に活躍する助演俳優?

 必然的に主演の赤楚にも注目が集まり、今年2月4日には中国版ツイッター・WEIBOが中国で毎年開催している「WEIBO NIGHT」の日本版イベント「WEIBO Account Festival in Tokyo 2020」で話題俳優賞を受賞。WEIBOのフォロワー数も約9万人となっている。

「今回の『彼女はキレイだった』の赤楚は、主演ではなく助演男優です。赤楚といえば17年9月から放送していた『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)の準主役キャラ・万丈龍我 (仮面ライダークローズ)で知名度を上げたことで知られていますが、『ビルド』でもファンは主演の犬飼貴丈(26)より赤楚に注目していたんですよ」(特撮ライター)

 実は赤楚は、17年4月から6月までAmazonプライムビデオで配信された大人向け作品『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』に、『ビルド』より先に出演していた。仮面ライダーや怪人に変身することこそなかったが、インパクトに残る演技で、放送当時から大人気を博していたのだ。

「不良ですが、“同じ親にないがしろにされた存在”として主人公の千翼(前嶋曜)を気にかけている若者・長瀬を演じました。暴走して主人公を殺そうとするヒロイン(怪人)にタックルして“千翼ォ!逃げろぉっ!!”と巻き舌気味に叫んだり、”親が子ども(千翼)殺すのかよォ!?”とショットガン片手に千翼を守ろうとしたり、鬼気迫る演技で多くの名シーンを残していました。

 そんな赤楚が『仮面ライダー』に選ばれたのが、『ビルド』だったんです」(前同)

■出世作も「2号」だった

『ビルド』は、脚本担当の武藤将吾氏の作風も影響し、仮面ライダーでは珍しい「メインキャスト全員が演技経験者」という作品だった。

「『ビルド』での赤楚は、当初“殺人の濡れ衣を着せられ逮捕された挙句に謎の組織に人体実験されかけたところから脱獄した青年”として登場。主人公の戦兎(犬飼)と初会合した際のセリフが“誰だてめぇ!?”“俺は誰も殺してねぇ!”だったり、序盤から切羽詰まった演技が実に好評でした。その後、仲間入りした後も戦兎らとの漫才のような軽快なトークは、毎週のように視聴者を楽しませてくれましたね」(前出の特撮ライター)

 回を重ねるにつれて戦兎と万丈は唯一無二のパートナーに。最終回で万丈と戦兎が再会するシーンは多くのファンの涙を誘い、「真のヒロインは万丈だった」「むしろ戦兎こそがヒロインだった」と、大盛り上がりだった。

「“主演以上に話を盛り上げる親友やわき役”という地位を、赤楚は『ライダー』の時点で確立しつつあったんです。そういう意味でも、『彼女はキレイだった』での活躍が楽しみでならないですね。

 しかも、赤楚は7月クールの次、安藤サクラ(35)が主演する10月期のフジテレビ系の木曜夜10時枠のドラマにも出演するそうです。こちらも“主演”でないのが、逆に期待材料と言えますね」(前同)

■主演以外のブレイクも定着しつつある仮面ライダー俳優

『仮面ライダー』といえば佐藤健(32)や瀬戸康史(33)、竹内涼真(28)といった主演俳優が軒並みブレイクしている印象を受けるが、近年は2号、3号ライダーやヒロイン、サポート役のキャラなども、赤楚のように出世することが増えているという。

「その筆頭は、『青天を衝け』でNHK大河ドラマ主演まで果たした吉沢亮(27)です。11年放送の福士蒼汰(28)主演作『フォーゼ』の2号ライダー・メテオとして活躍していました。翌年の『ウィザード』でコメディリリーフだった戸塚純貴(28)はいまや名バイプレイヤー。

 そして、竹内主演の14年の『ドライブ』で悪役として活躍した馬場ふみかも、これがテレビドラマ初出演作でした。ちなみに、馬場と赤楚は先述の『ねぇ先生、知らないの?』でW主演をはたしたときは“仮面ライダーコンビ”とネットをざわつかせていましたね」(前出の特撮ライター)

 赤楚は今年5月4日のWeb版『日経エンタテインメント』のインタビューで、仮面ライダーについて、

「1年間同じ作品に携わることによって、カメラワークとか、いろいろな部署の人たちの役割を全部認識できるようになって。こういうカット割りをするとこんなふうに見えるんだ、みたいなところから知ることができました。

 アクションに取り組んだことで、体の使い方を学べたのも財産です。現場のことがよく見えるようになって、『このスタッフさんはこういうことをやってくれていたんだな』って思えるようになったのは、『ライダー』からです」

 と、語っている。

 多くのことを1年通じて学べる貴重な現場を過ごした赤楚。

 映画『決戦は日曜日』に出演することが発表された6月1日に、オリコン上半期ランキング写真集部門で吉岡里帆を超える8位にランクインし、ツイッターで、

「26歳の僕が僕自身と対話しながら撮影した一冊です。 是非何度でも楽しんで下さいませ!」

 と、つづった赤楚。

 吉沢のようにブレイクする日は、そう遠くないだろうーー。

 

関連リンク

  • 6/2 6:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます