親と喧嘩して庭に穴を掘り始めた少年 6年かけて立派な地下部屋を作り上げる(スペイン)

拡大画像を見る

スペイン南東部アリカンテ在住のアンドレス・カントさん(Andres Canto、20)は6年前の14歳の時、ジャージを着て友達と遊びに行こうとすると母親に「ちゃんとした服を着なさい」と言われて口論になった。

14歳というと反抗期の真っ只中であり、例に漏れずアンドレスさんも母親に言われたことを拒否した。「着替えないなら遊びには行かせない」と母親に告げられたアンドレスさんは「別に遊びに行かなくても、家で楽しめるからいいよ」と不機嫌なまま部屋に閉じこもったという。

しかし部屋で過ごしているだけでは、どうにも怒りが鎮まらなかったアンドレスさんは、父親のつるはしを持ち出すと庭の地面に打ち付けて穴を掘りだした。

強い力で叩いて岩を壊していく作業は、思いのほかアンドレスさんの心を落ち着けることができたようで、その日を境に毎日庭の地面を掘り続けたという。

2015年3月から掘り始め、学校から帰ってきては毎日穴を掘った。しばらくすると友人のアンドリューさん(Andrieu)がパワードリルを持って合流し、一緒に掘削作業に励んだ。時には一日で約14時間を費やしていたとも明かしており、相当穴掘りにはまってしまったと見られる。

6年の月日が流れ、現在20歳となったアンドレスさんは自身のTwitterで掘り続けた穴の様子を公開しており、なんと穴は立派な部屋へと変貌を遂げていた。

深い場所へと続く階段で下へ降りると、イスが置かれた小さな空間に繋がっている。そこには延長コードに繋がれたスピーカーなどが置かれ、自宅から電気を引いているようだ。

さらにその奥にはもう1つの部屋があり、そこにはソファーやシングルベッドまでもが設置されている。他にも棚や暖房機能、コートラックまで用意されていると言い、狭いながらも充実した設備が備え付けられていた。天井や棚の上はアーチ状になっており、細部までこだわったことがうかがえる。

さらにこの部屋ではWi-Fiも使えると言い、友人を招いて中でお酒を楽しむこともあるそうだ。

アンドレスさんは「最初の3年間は、どれだけ深く掘れるのかということだけを考えて掘り進めていました」と明かす。その後、ある程度の深さまで掘ると「ここで生活できる部屋を作れるんじゃないか?」と思い付いたという。

掘り進めるうちに大きな岩にぶつかって行き詰まったこともあったが、そうした障害物を避けていくうちに部屋のレイアウトが決まっていったそうだ。

また掘削当初は手で掘った土を運んでいたが、効率を考えたアンドレスさんは滑車を使って地上まで土砂を運ぶ設備や、それを遠くまで運ぶレールまで作り上げていた。

これだけの規模の地下空間を作り出したアンドレスさんは「6年間続けてきたこのプロジェクトに後悔はしていませんよ。困難にぶつかることもありましたが、作り上げたものを気に入っていますしね。僕がこの作業に夢中になれたのは、終わりがないからだと思います。今度はジャグジーでも作ってみようかな」と明かしており、引き続き地下の部屋は大きくなっていくようだ。

ネット上では「これはすごい。仕事になるレベルだよ」「怒りを抑えるための方法としても素晴らしいね」と驚嘆の声があがっている。その一方で「雨が降ったらどうなるんだろう」「突然崩れた入りしないのかな」と安全性を心配する声も見受けられた。

画像は『Insider 2021年5月29日付「An angry teenager spent 6 years digging a hole after getting into a fight with his mom. Videos show how he transformed the dusty pit into an underground home.」(@andresiko_16)』『Kokomo 2021年5月24日付Twitter「Actualización de vídeo tour」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 6/2 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • まる☆

    6/3 12:36

    喧嘩した親がよくそんな大規模な庭の穴堀を許してくれたな

記事の無断転載を禁じます