息もつけぬほどの緊迫感!サスペンスクライム映画『羊たちの沈黙』【ネタバレあり】

拡大画像を見る

『羊たちの沈黙』は、1991年に制作・公開されたサスペンスクライム映画。緊迫感と恐怖に満ちた展開が続く、最初から最後まで目が離せない作品です!今回の記事では、本作品のストーリーについてネタバレも含めて解説していきます。作品の予習や復習にぜひどうぞ!

『羊たちの沈黙』ってどんな映画?

羊たちの沈黙

羊たちの沈黙

1991年/アメリカ/119分

作品情報 / レビューはこちら

映画『羊たちの沈黙』は、連続猟奇殺人事件をモチーフにしたサスペンス映画です。元精神科医の凶悪犯・レクターの不気味な存在感が異彩を放っていて、観る者を不思議と惹きつけます。

事件を解決するためにレクターと向き合う主人公・クラリスの活躍も要チェック!2人の対話によって犯人像が次第に暴かれていく過程には、思わずハラハラドキドキすること間違いなしです。

作品情報

原作:トマス・ハリス『羊たちの沈黙』
監督:ジョナサン・デミ
公開年:1991年
上映時間:119分
製作国:アメリカ

『羊たちの沈黙』の主要登場人物/キャストについて紹介!

クラリス・スターリング/役:ジョディ・フォスター

London March 11th 1992. Jodie Foster at the BAFTA awards (Photo by Tom Wargacki/WireImage)

クラリスは、FBIアカデミーの訓練生です。捜査官になるため血のにじむような努力を重ね、女性でありながら周りの男性に負けないくらいの実力を持っています。とある猟奇殺人事件を解決に導くため、殺人鬼ハンニバル・レクターとかかわりを持つことに……。

クラリス役を演じたのは、アメリカの女優ジョディ・フォスターです。彼女は2歳から芸能活動をしており、6歳のときにはすでにレギュラー番組を持っていました。1976年に出演した映画『タクシードライバー』で第49回「アカデミー賞」の助演女優賞を受賞。その後、1988年の映画『告発の行方』と本作『羊たちの沈黙』で、それぞれ第61回「アカデミー賞」と第64回「アカデミー賞」の主演女優賞を獲得しています。

ハンニバル・レクター/役:アンソニー・ホプキンス

UNITED STATES - 1992, 'Barbara Walters Special' with Anthony Hopkins, 1992. (Photo by Keith Hamshere/Walt Disney Television via Getty Images)

レクターは、元精神科医の凶悪殺人犯。一見、紳士的で穏やかに見えますが、人並外れた頭脳と行動力を持った、この上なく危険な人物です。なぜかクラリスに興味を持ち、彼女に殺人犯のプロファイリングを提供します。

レクター役を務めたのは、イギリスの俳優アンソニー・ホプキンスです。彼は王立ウェールズ音楽演劇大学と王立演劇学校で演技を学び、さまざまな舞台や映画で活躍してきました。本作『羊たちの沈黙』では、第64回「アカデミー賞」の主演男優賞を受賞し、その後も数々の作品でアカデミー賞にノミネートされています。2020年の映画『ファーザー』では、第93回「アカデミー賞」の主演男優賞を歴代最高齢で受賞しました。

『羊たちの沈黙』のストーリーをネタバレ解説!

羊たちの沈黙

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QN1yWKCpL._AC_.jpg

出典元:Amazon

優秀なFBI訓練生クラリスが任された役目

FBIアカデミーの訓練生であるクラリス・スターリングは、いつか立派な捜査官になるため、周りの男たちに負けじと努力を重ねていました。そんなある日、彼女は上司のクロフォードに呼び出され、とある連続猟奇殺人事件にかかわることになります。

事件のターゲットは、いずれも若い女性。これまで合計5人の被害者が出ており、その全員に、皮膚の一部を剥がされているという奇妙な共通点があります。バッファロー・ビルという通称で呼ばれる犯人は逃走中で、捜査は完全に行き詰まっていました。

そこでFBIは、謎に包まれたバッファロー・ビルの心理を探るため、元精神科医の殺人狂であるハンニバル・レクターに協力を仰ぐことを決めます。しかし、レクターはその依頼を拒否。クラリスに任されたのは、レクターと話をして少しでも有益な情報を引き出すという役目でした。

元精神科医の殺人鬼レクターとの出会い

早速、レクターが収監されているボルティモア州立精神病院を訪れたクラリス。そこで彼女は院長のチルトンから、レクターの異常性や危険性について警告されます。

病棟でクラリスを迎えたレクターは、意外にも紳士的で理知的に思える人物です。しかし彼は、鋭敏な嗅覚でクラリスの香水を言い当てたばかりか、すぐれた推理力で彼女が訓練生であること、田舎生まれであることまで見破ってしまいました。

やりとりの中でクラリスに興味を持ったレクターは、彼女が自身の過去にまつわる個人的な情報を差し出すことを交換条件に、事件についての情報を渡すことを承諾します。クラリスは「レクターに個人的な話をするな」と警告されていたにもかかわらず、事件解決のために彼の要求を呑んでしまうのでした。

次第に明らかになるバッファロー・ビルの正体

犯人が見つからないまま、再び女性の死が発覚。検視に立ち会ったクラリスは、死体の喉の奥にスズメガの繭が詰められていることに気付きます。同じ頃、上院議員の娘・キャサリンが、次なるターゲットとして誘拐されてしまうのでした。

なんとしても犯人を捕まえたいクラリスは、自分の情報と引き換えに、レクターによる犯人像の考察を断片的に手に入れます。彼によると、スズメガの繭は“変化”を暗示しており、犯人は幼い頃の虐待のせいで、変身願望を抱えているとのことでした。

そんな中、2人のやり取りをこっそり聞いていたチルトンは、レクターを上院議員に差し出してキャサリンを助けることで、事件解決の手柄を自分のものにしようと考えます。彼はこの企みのために、レクターを厳重に拘束したうえでメンフィスへと移送してしまいました。そしてついにレクターは、上院議員とチルトンの前で犯人の名は“ルイス・フレンド”だと明かします。

クラリスが抱える過去のトラウマとは?

レクターの移送先を訪ねたクラリスは、“ルイス・フレンド”が単なる言葉遊びであることを指摘。彼女が言うとおり、レクターはチルトンたちに嘘を教え、遊んでいたのでした。

その後レクターは、クラリスに情報を提供する代わり、幼少期のトラウマについて語らせます。彼女は幼い頃、警察官だった父を亡くした後、羊牧場を経営する叔母夫婦に引き取られました。ある朝、偶然目が覚めて子羊の屠殺現場を目撃してしまったクラリスは、大きなショックを受けます。そして必死に羊を抱えて逃げたのですが、そのことがきっかけで施設送りにされてしまったのでした。

救えなかった子羊のことを今でも思い出すというクラリス。彼女はこのトラウマがあったからこそ、罪なき人々を救うFBIを目指したのかもしれません。

クラリスの過去を知ることができ、満足げなレクター。続いて、クラリスがレクターから犯人の名を聞き出そうとしますが、そこにやってきたチルトンによって彼女は追い出されてしまいます。

レクターが脱走に成功!そして事件の行方は……。

クラリスが帰った後、レクターは警備員の隙をついて脱走することに成功。そしてあっという間に行方をくらませてしまいました。

一方クラリスは、レクターからこれまで与えられた情報をヒントに、犯人が最初の犠牲者・フレデリカと親しい人物だったのではないかと思いつきます。やがて彼女はジャック・ゴードンという男にたどり着き、暗闇での戦闘の後に彼を射殺。誘拐されたキャサリンは、犯人が潜んでいた家の井戸に閉じ込められていて、無事に保護されるのでした。

時が経ち、アカデミーの卒業式を迎えたクラリスのもとに、レクターから電話がかかってきます。彼は無事捜査官になれたクラリスにお祝いを告げた後、電話を切って人混みの中へと去っていくのでした。その視線の先には、長年レクターを収容し、無礼を働いてきたチルトンの姿が……。

『羊たちの沈黙』の評価は?

羊たちの沈黙

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/411sauov7sL._AC_.jpg

出典元:Amazon

Filmarks:★4.0/5.0
映画.com:★4.0/5.0
Amazon:★3.8/5.0
IMDb:★8.6/10.0

・総評
『羊たちの沈黙』は、上に挙げたほとんどのサイトで8割以上の高評価を受けています。サイコスリラーの名作として、初公開から時が経った今でも愛され続けているようです。レクターを演じるアンソニー・ホプキンスの名演技にもぜひ注目してみてください!

『羊たちの沈黙』の視聴方法は?

『羊たちの沈黙』は、動画配信サービス・U-NEXTで視聴することができます。見放題作品の対象になっているので、会員であれば追加料金なしで楽しむことが可能です。

また、初回登録の場合、無料のトライアルを体験することができます。期間中は見放題作品を好きなだけ観ることができるので、気になる人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。『羊たちの沈黙』以外にも、数多くの映画やドラマを楽しめますよ!

ゾクゾクが止まらない!映画『羊たちの沈黙』

とある残酷な殺人事件が解決されるまでの過程を描いた『羊たちの沈黙』。“トラウマ”もテーマの1つで、それを乗り越えることで立派なFBI捜査官になったクラリスと、それに人生を狂わされて殺人鬼になったバッファロー・ビルのコントラストが印象的です。

ネタバレを読んで作品が気になったという人は、本編も視聴して、ストーリーだけでなく映像や音楽などの表現にも注目してみてください!

関連リンク

  • 5/31 22:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます