安室ちゃん世代にありがち「眉なし」問題を解決。@__.amafaconさんのフェイク眉が自然すぎる!

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/226526/ )

新作コスメを買ったものの使いこなせなかったり、毎日のメイクがルーティーン化していたりしませんか? メイクをするときの視点を、パーツからトータルに変えてみると、新しい発見があるかもしれません。今回は、メイクとファッションのバランス力が素敵なインスタグラマーをご紹介します。

【おしゃれインフルエンサー図鑑#3】

えんさんってどんな人?

えんさんは大阪在住の39歳。ファッションとメイク好きが高じた、研ぎ澄まされたセンスを活かし、ヘアメイクのプライベートレッスンを行っていらっしゃいます。インスタグラムでは、ご自身がモデルとなるメイク動画のほか、ご自身のファッションやメイク、プライベートレッスンを受けた方のBefore→Afterなどが投稿され、その日常に溶け込む洗練されたスタイルが人気となっています。

 

処理しすぎた変形眉毛だって、フサフサ自眉風に見事に解決

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__.amafaconがシェアした投稿( https://www.instagram.com/reel/COM9EUWjVd_/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

ご自身のメイクスタイルを、使用アイテムとHOW TOを交えたセルフ動画で発信している森田さん。

「メイクを覚えたてのあの頃、細眉ブームに乗っかり、必要以上に処理してしまった眉毛。その結果、自然なアイブロウメイクが苦手……」。なんてアラフォー世代に当てはまりやすい悩みも、緻密なメイクテクニックで「フサフサ自眉風」になるまでを見せてくれています。

 

黒縁メガネの日の眉とまつ毛。正解は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__.amafaconがシェアした投稿( https://www.instagram.com/reel/CNrvuyCjjFH/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

伊達メガネの黒縁の太さまで計算されたアイブロウやまつ毛メイクを提案するなど、えんさんのメイクは、そのバランス力が絶妙!パーツではなく、引きで見たときにちょうどいいさじ加減で、主張しすぎずにトレンドを取り入れたメイクを見せてくれます。

 

ファッション×メイク。組み合わせ方が秀逸

アパレルのショップマネージャーの経験もあるえんさんは、ファッションとメイクの合わせ方も大きな魅力です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__.amafaconがシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/COSjfWCDDKV/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__.amafaconがシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/COjke82DVSA/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

コットン素材のホワイトドレスシャツ×透けた発色の赤ピンクのラメリップ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@__.amafaconがシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CPSlVV5jkfc/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

ブルーのサンダルとホワイトのバッグが差し色の肌色ワントーンコーデ×色なしツヤネイル

といった具合に、メイクは色みだけでなく質感にまでこだわり、服の魅力を引き立てています。服とメイク、相互の魅力を引き出す組み合わせは、勉強になります!

 

いかがでしたか?

えんさんの個性を魅力へと変えるヘアメイク術や、服とメイクのトータルバランスを参考にしたい方は、こちらをチェックしてみてくださいね>>★( https://www.instagram.com/__.amafacon/?hl=ja )

関連リンク

  • 6/1 13:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます