バイエルン、ルンメニゲCEOが6月末に退任へ…後任はオリヴァー・カーン氏

拡大画像を見る

 バイエルンは1日、カール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が6月30日で現職を退任し、オリヴァー・カーン氏が後任に就任することをクラブ公式サイトで発表した。

 ルンメニゲCEOは本来、2021年末に退任する予定だった。本人の希望とヘルベルト・ハイナー会長および監査役会との緊密な協議により、2020-21シーズンの終了とともに現職を退くことが決まった。

 ルンメニゲCEOは、1974年から1984年にかけてバイエルンの選手として活躍。1991年に同クラブの副社長に就任し、2002年2月からCEOを務めていた。同氏の在任期間中、バイエルンはブンデスリーガを14度、DFBポカールを10度、DFLリーガポカールを2度、DFLスーパーカップを6度制した。また、チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、FIFAクラブW杯も2回ずつ優勝した。

 後任のオリヴァー・カーン氏は1994年から2008年にかけて、バイエルンの守護神として活躍。2020年1月から、執行役員としてバイエルンに復帰していた。

関連リンク

  • 6/1 19:34
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます