148cmに見えない!美しい50代がスタイルアップ対策で「肌見せ」していた2つの部位はどことどこ?【40代からのオシャレな人】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/227919/ )

時の流れは平等。そう、人は誰しも同じスピードで年齢を重ねます。なのに…。
この世の中には、「年齢を重ねるほどに美しさに磨きがかかる人」と「年齢なりに見える人」「老けてしまう人」がいて、その差に驚くことはありませんか?同窓会などで久々に会って「あの頃と変わらずチャーミングな現役美人」な同級生に驚く一方で、「昔は美人だったのに…」「あの頃の面影は一体どこに…」「僕の青春時代を返して(男性目線)」など、「元美人」におさまってしまっていることで驚かせる人もいますよね。

 

老けて見える人と、老けない人の差は、一体どこからくるのでしょう?

 

ベリーショートヘアと色鮮やかなファッションがお似合いのRie Kato(@monmon0307)さんは、フォロワー1.2万人を抱えるアラカンファッションインフルエンサー。身長148cmにはとても見えないバランス美人さんです。

 

早速、そのオシャレ術を見せていただきましょう。

 

見せないパーツと出すパーツをはっきり分ける

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kato(@monmon0307)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CPDLoOKDF0I/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kato(@monmon0307)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CO-INBij9aX/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

Rie Katoさんのコーディネートには明確なルールがあります。

【見せるパーツでヌケ感を出す】
・手首
・おでこ
【見せないパーツは飾る】
・首元
・足全体

 

細い手首や形のいいおでこ。チャームポイントと言えるパーツは積極的に肌見せすることによって軽さを生み出し、一方で、年齢サインの出やすいパーツは隠すというより「飾る」という表現がしっくりきます。首元にあしらわれたスカーフの効果で、キュッと引き締まったあごのラインが一層美しく映えます。

 

色を使ったカラーブロッキングで縦ラインを作る

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kato(@monmon0307)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CPIT7W1D5r6/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kato(@monmon0307)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/COzvBzwj7VJ/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

カラフルで見ている人に元気をくれるRie Katoさんの着こなしですが、色の効果はメンタル以外の面でも発揮されています。それはずばり「細見え」。パンツ、トップス、アウター、それぞれのカラーコントラストがはっきりしている「ブロッキング」効果で、縦のラインを強調したり、ほっそり補正してみせることができています。

 

スタイルアップテクニックはほかにも。

大ぶりバッグで目くらまし

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kato(@monmon0307)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CPK-smMjS2y/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kato(@monmon0307)がシェアした投稿( https://www.instagram.com/p/CPQNenIjNOf/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading )

 

カラーブロッキングと同じく、錯覚の効果を利用したスタイルアップ術がこちら。大きめ×角のあるトートバッグが体のラインをさりげなく隠しています。さらに長めのネックレスの縦揺れ効果も上半身をスッキリ見せる役割を担っています。

 

いかがでしたか?

私は40代前半ですが、どんな色も柔軟に着こなすRie Katoさんのコーディネートを見ているとワクワクします。この先、試してみたい色の組み合わせやコーディネートのアイディアがムクムクと湧き上がるこの感覚、いくつになってももっていたいものですね。

 

関連リンク

  • 6/1 10:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます