【待望】ピノの新フレーバー「ピスタチオ」がコンビニで先行販売中だぞぉ~~! 普通のピノにはない “アレ” が良い仕事をしている

拡大画像を見る

年齢を重ねるにつれ『ピノ』のことがどんどん好きになっていく。子どもの頃は「ちょっとこのサイズじゃ物足りないな。こちとら食べ盛りの成長期だぞ」なんて思っていたが、大人になってからは「このぐらいがちょうどイイんだよね。わかってるな~」と手のひら返しである。

定期的に限定フレーバーを出すのも『ピノ』の魅力の1つだが、このたび私の大好物である「ピスタチオ」味が新登場したというではないか! もうピノさん、マジで好き……完堕ち寸前だよ。だが味の感想に関しては忖度(そんたく)しないぜ。

・コンビニで先行販売

『ピノ ピスタチオ』は、2か月先の2021年7月31日から全国のスーパーなどで販売される。待ち遠しいなぁ。みなさん、お楽しみに~☆ ……と見せかけて! 5月31日(月)からコンビニで先行販売されているぞ。

先行販売と聞くと “先行入手” したくなるのがニンゲンの悲しき性(さが)。そんなワケでさっそくゲットしてきました。……とサラッと書いたが、発売当日はどこに行っても在庫がなく、実際に購入できたのは発売翌日の6月1日(火)。

近所のコンビニ複数店舗に問い合わせてみたところ、どうやら他の新商品が入る火曜日に入荷されるよう発注した店が多いようだ。そうとは知らず、発売当日は私と同じように町中のコンビニを駆けずり回ったピスタチオ中毒者も多いのではないだろうか。

それはさておき『ピノ ピスタチオ』のお値段は、普通のピノより40円ほど高い194円(税込)。なんのなんの。待望のピスタチオ味が楽しめるのなら40円なんて、安い安い!(※価格は地域や販売店舗によって異なる場合もあります)

・普通のピノとはここが違う

さっそく中身を見てみよう。一見すると、なんの変哲もないピノ──でもないな。1つずつ触れていこう。

▼まず普通のピノと比べてみると、ほんの少し色が薄め。

▼さらによ~く見ると、表面のチョコレートには何やら緑色のプツプツしたものがある。なんなんでしょうね、コレ。普通のピノにはないぞ。

▼中はどうなっているのだろう。半分にカットしてみると、鮮やかなグリーンのミルクアイスがお目見え。ええやないか!

・カリカリ食感と隠し味

もう辛抱たまらないので、1ついただきましょう。

おっ!?

わずかな塩味をいきなり感じるぞ。と思ったら、甘いミルクチョコレートとアイスが押し寄せてきた後、ピスタチオの香りがふわっと鼻から抜けていく。うまい! 期待以上にうまいし、期待以上にピスタチオっぽい仕上がりだ。

で、表面のプツプツした “アレ” だが、噛んでみるとカリカリッとした食感に、ほのか〜なピスタチオの風味が感じられる。なるほど、こやつらが “ピスタチオ感” を演出しているのだな。良い仕事してるねぇ! ピスタチオは仙豆のようなあのカリカリ食感が命である。

さらに例の塩味に関して徹底的な調査をしたところ、どうやらフランス産の「ロレーヌ岩塩」が使われていることが箱の裏面で発覚した。ろ、ロレーヌ岩塩……? なんだかわからないが、意識たけぇーッ!

しかし、この意識高い系の塩のおかげでピスタチオの味と香りが “キュッ” と引き立てられていて、全体のウマさを格段に押し上げている。それに言うまでもなく、塩味もまたピスタチオになくてはならない重要なエッセンスの1つだ。これがあるのとないのとじゃ、評価に雲泥の差が出る。

ということで、締めくくりに個人的な “ピスタチオ満足度” を示したい。

私のピスタチオ満足度は10点満点で……ズバリ「8」! もちろん大満足だ。ピスタチオに目がない人は今のうちに食べておくことをオススメするぞ。なんてったって、 2021年11月頃までの期間限定商品だ。

参考リンク:ピノ ピスタチオ
執筆:ショーン
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 6/1 14:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます