柳楽優弥「『HOKUSAI』バイブレーションをブルブルに感じて!」

拡大画像を見る

 俳優の柳楽優弥がこのほど、舞踊家の田中泯とダブル主演した映画「HOKUSAI」のトークイベントを行った。江戸時代の絵師・葛飾北斎の生涯を描いた作品で、柳楽は青年期を演じている。

 もがき苦しみ、海に飛び入って生死の淵までたどり着いたのち、波打ち際で砂に絵を描くシーンについて「最初に監督が率先して海に入ってくれて、その背中をキャストとスタッフがぽつんと見ていた。その瞬間に現場が団結した気がする」と回想。

 6月1日から緊急事態宣言による映画館への休業要請が時短要請に変わることもあり「今の時代にあって、共感できる部分がたくさんある。好きなことを突き詰めようとする北斎の人生を見て『HOKUSAI』バイブレーションをブルブルに感じてほしい!」と呼びかけた。

関連リンク

  • 6/1 18:06
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます