おのののか、妊娠で“ほっそり”から一変!「成長ヤバい」バスト爆裂化の指摘

拡大画像を見る

 タレントの、おのののかが5月28日、自身のインスタグラムを更新。その姿にファンから驚きの声が上がっている。

 昨年9月に水泳選手の塩浦慎理と結婚、5月27日に第一子を妊娠していることを発表したおのは、〈最近のテレビを観て、おや?と思ってくれた方もいたみたいですね笑 着られなくなるお洋服も増えてきましたが、今は日々成長してくれるお腹がとても愛おしいです〉と綴り、妊娠へのお祝いメッセージのお礼とともに、2枚の全身写真をアップ。そのうちの1点が注目を集めたのだ。

「そこでの彼女は、水色の透けた素材の生地のワンピースを着てうつむいているのですが、本人が言うほどお腹の膨らみは目立たないものの、変貌を遂げていたのがバスト。腰部分が絞れたタイプのワンピを着ていたことからよけいに目立っているのですが、ボリューム感がハンパない(笑)。もともと推定Cカップの形の良い胸の印象が強かったのですが、おそらくDからEに成長しており、早くもミルクタンクの準備段階に入ったようです」(芸能ライター)

 これにはネット上で、〈おののバストがやばいぐらい成長してる。二の腕の肉付きの良さも妙にイヤラしいね〉〈こんなに成長が速いと胸が痛そう。服が薄い生地だから、張りまくってるのが分かる〉などの指摘が相次いだ。

「昨年11月に挙式をした際、おのはそれまでに7キロ近くの減量に成功していたことを報告していましたが、当時は《痩せすぎ》との指摘も相次いでいました。それから半年が経ち妊娠したこともあって、ほぼ元の状態に戻ったうえで、バストの爆裂化が進んでいると思われます。ファンにとっては、今の彼女のボディのほうが、魅力的に見えるのかもしれませんね」(前出・芸能ライター)

 今後、ますます「ボリュームアップ」しそうだ。

関連リンク

  • 6/1 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます