「コジマ×ビックカメラ宇都宮本店」、栃木県でコジマ初の酒類専用コーナーを導入

拡大画像を見る

 ビックカメラグループのコジマは5月29日、「コジマ×ビックカメラ宇都宮本店」を改装し、栃木県でコジマ初となる酒類専門コーナーを導入した。

 「本格的なお酒の専門店」として、ワインや国内外のビール、日本酒、焼酎、ウイスキーなど約2000の幅広いアイテムを取りそろえた。
 中でも、地元栃木県のみならず各地で愛される「宇都宮酒造」や「島崎酒造」、「天鷹酒造」の日本酒、栃木ならではのおつまみを集めたコーナーを設けるなど、独自色を打ち出す。
 また、カクテルの街宇都宮にちなみ、カクテル関連グッズやおすすめのレシピを紹介する「カクテルコーナー」も設置。ノンアルコールビールやソフトドリンク類も取りそろえ、幅広い顧客に日常の買い物で使ってもらうように工夫する。
 さらに、ハイボールにおすすめの炭酸水メーカーや自動調理鍋を展示するなど、酒類と家電製品のクロス販売にも取り組む。
 5月29日~6月13日は、お酒のコーナーオープン記念特典として、同社指定のお酒・飲料・おつまみのコジマポイントを10%にするポイントサービスを実施している。

関連リンク

  • 6/1 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます