人気声優・増田俊樹が演じる “イヤホンくん” をモデルにしたイヤホン発売「混乱しますが…」

拡大画像を見る

スマートフォンに来た通知を音声で読み上げるワイヤレスイヤフォン『Zeeny Lights 2』のコラボレーションモデルとして、DLEのPC周辺機器擬人化『周辺男子 -Connectable Boys-』に登場する「イヤホンくん」モデルの録り下ろしボイス搭載ワイヤレスイヤフォンの販売が発表された。


ネインが提供する、ワイヤレスイヤフォン『Zeeny Lights 2』は、ガイダンス音だけではなく、専用アプリと組み合わせることで時報など多彩な音声表現ができるため、様々な声優やキャラクターとのコラボを多く手掛けている人気のワイヤレスイヤフォン。そんな、『Zeeny Lights 2』に、SNS漫画、PC周辺機器擬人化『周辺男子』に2020年12月に登場したイヤホンの擬人化「イヤホンくん」モデルが登場する。

イヤホンくんは、2021年2月より開始した第2回目のクラウドファンディングにて応援資金1000万円に到達したドラマCD制作企画から、声がついたキャラクターで、人気声優・増田俊樹が担当している。

今回、本モデルのために、増田俊樹の特別に録り下ろし音声を用意。専用アプリと連動させることで、毎時の時報をおしらせしてもらうこともできる。さらにここでしか聴けないシークレットボイスも複数あり、耳元で囁くイヤホンくんの声で、毎日がドキドキワクワクすること間違いなし!?

そして、充電ケースには、「繋がりたい」という作品コンセプトともマッチした、イヤホンくんをイメージした接続アダプター部分をモチーフとして配置した。イヤフォンのタップ部分には、イヤホンくんの着ているパーカーの模様が描かれており、まさにキャラクターがこの商品だったかのような感覚になる。パッケージもオリジナルデザインとなっており、イヤホンくんらしく楽しく明るく、スタイリッシュな印象に仕上がった。

『周辺男子』制作陣からも、「周辺機器をモチーフにしたキャラクターをモチーフにした周辺機器……と文字での表記を見続けると混乱しますが、このイヤフォンを使うたびに、本当に擬人化した……!と思っていただき、PC周辺機器擬人化『周辺男子』たちも同様、貴方の身近な機器が人間だったら…とモノを大切に愛でたくなるそんな商品として楽しんでくれればうれしいです。」と本商品に対して、作品コンセプトでもある擬人化だからこその商品への愛を語ってくれた。

「商品の擬人化キャラ」が「実際の商品」になる。今までありそうでなかった取り組みに注目だ。



(C)周辺男子PROJECT


関連リンク

  • 6/1 17:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます