エリック・ガルシア、マンCからバルサへの“復帰”決定! 違約金は約536億円

拡大画像を見る

 バルセロナは1日、マンチェスター・Cのスペイン代表DFエリック・ガルシアが7月1日から完全移籍加入することを発表した。

 E・ガルシアは6月30日でマンチェスター・Cとの契約が満了を迎えるため、バルセロナにはフリートランスファーで移籍する。バルセロナとE・ガルシアの契約は2025-26シーズン終了までとなり、4億ユーロ(約536億円)の契約解除金が設定される。



 現在20歳のE・ガルシアは、2008年からバルセロナの下部組織に所属し、2017年夏にマンチェスター・Cの下部組織へと移籍した。マンチェスター・Cでは2018年12月にトップチームデビューを飾り、公式戦通算35試合に出場した。

 また、スペイン代表ではU-16、U-17、U-21の各世代で活躍した後、2020年9月にA代表デビューし、これまでに7キャップを記録している。同選手は今夏に開催されるEURO2020のスペイン代表にも招集されている。

 なお、バルセロナは5月31日、E・ガルシアと同じくマンチェスター・Cからのフリートランスファーで、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが加入することを発表していた。E・ガルシアは今夏2人目の補強となる。

関連リンク

  • 6/1 16:22
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます