夏に行ってみたい、瀬戸内アートの島、直島へ。

拡大画像を見る

瀬戸内海に浮かぶ直島。 自然がとても美しい島です。 自然だけでなく、草間彌生・安藤忠雄・大竹伸朗などのアーティスト作品や施設もある“アートの島”。 観光で海外の方も多く、異国な雰囲気も堪能できます。


“アートの島、直島” 美しい瀬戸内海の自然だけでなくアート作品、施設も見どころの“直島”


直島の入り口“宮浦港”。 降りた瞬間、見えるのは草間彌生による赤色南瓜。その他、宮浦港周りにあるアートをご紹介




直島の窓口、宮浦港。
降りてすぐ出迎えてくれるのは、草間彌生の赤色の南瓜。大きな南瓜は入口や窓もあり、中に入れます。



近くにも直島パヴィリオンという作品があり、そこから瀬戸内海や港を見渡せたり。
1日の時間によって風景や作品の見え方が異なり楽しめます。




また、アーティスト・大竹伸朗の手がけた直島銭湯「I♡湯」。
I♡湯は小さなお洒落な銭湯。入館スタイルが昔ながらの看板おばちゃんがいます。明るく出迎えてくれ、アットホーム感が素敵です。


<スポット情報>
直島銭湯「I♡湯」
住所: 香川県香川郡直島町2252-2
電話: 087-892-2626(NPO法人 直島町観光協会)


直島の美しい瀬戸内海の自然+アート作品、施設


自然の中でのんびり1日を。




様々なアーティスト作品の他にも、安藤忠雄建築による「ANDO MUSEUM」や、「地中美術館」、「ベネッセハウスミュージアム」などの施設から、「家プロジェクト」というアートプロジェクトまで展開されています。




島を歩いていると思いがけないアート作品が沢山あり、楽しませてくれます。


直島でのんびり過ごそう



島の穏やかな空気感はとても開放的で、のんびり1日を過ごしたい方にはオススメです。穏やかな波の音が心地よく、そこに居るだけで、心も穏やかになる場所、直島です。


<スポット情報>
直島
住所: 香川県香川郡直島町
電話: 087-892-2299

関連リンク

  • 6/1 14:56
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます