「この人とずっと一緒にいたい」と彼氏への愛情を再確認する瞬間9パターン

女性は長い付き合いの彼氏にもマンネリどころか突然、「好き好きスイッチ」がオンになり、愛情があふれ出すことがあるようです。ではどのようなことが彼女の愛情を呼び覚ますのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に、「『この人とずっと一緒にいたい』と彼氏への愛情を再確認する瞬間9パターン」を紹介します。

【1】寒くて彼氏にずっとくっついているとき
「彼氏のぬくもりに安心する」(20代女性)など、彼氏と暖を取り合う行為が、カップルの醍醐味だと感じる女性は多いようです。寒い日には彼女の手を自分のポケットに入れてあげるなど、彼女を気遣ってあげるとキュンとしてくれそうです。

【2】外出デートでなく部屋でまったり過ごしていても楽しいと感じたとき
「ゆったりとした時間を共有できるのは最高」(20代女性)など、特別なことをして過ごさなくても彼といるだけで楽しいと感じたとき、女性が幸せを噛み締めるパターンです。とはいえ、いつも自宅デートばかりでは「手抜き」デートだと思われるので注意しましょう。

【3】会話がなくても、自然に過ごしているとき
「何もしていないのに幸せ」(20代女性)など、彼氏と無理に会話をしなくても居心地がいいことに、女性は絆の深さを実感するようです。ただし、あまりに無干渉だと「愛情がないのでは」と彼女に誤解される恐れもあるので、気をつけたいところです。

【4】デートの別れ際、彼氏の笑顔を見て離れるのが切なくなったとき
「もっと一緒にいたかった」(10代女性)など、とびきりの笑顔を向けられると女性は「離れたくない!」と強い愛しさを抱くようです。デートの帰り道、「もう会いたくなっちゃった」など寂しい気持ちをメールすると、さらに彼女の気持ちを高められるかもしれません。

【5】しばらく会えないことで、寂しさを痛感したとき
「久しぶりに顔を見ると『やっぱりすごく好き…』って思う」(20代女性)など、寂しさが募ったとき、彼氏の存在の大きさを実感するパターンです。会えないときは「毎日○○のことを考えているよ」などと電話し、彼女を安心させてあげる気遣いが必要かもしれません。

【6】人前ではとってもクールな彼が子供みたいに甘えてくるとき
「とにかくかわいいっ」(20代女性)など、自分だけに見せる表情に母性が芽生える女性もいます。「○○には安心してすべてを見せられる」など、自分にとって唯一の存在だとアピールすると、「ずっとケアしてあげたい」と彼への愛情が強まる女性は多いでしょう。

【7】家族に紹介してくれるなど自分との関係を真剣に考えてくれたとき
「交際が本気だとわかって嬉しかった」(30代女性)など、女性は愛されている実感が湧くことで、男性への自分の気持ちを再認識するようです。実家を離れて両親に紹介するのが難しいなら、親友などに会わせるのもいいでしょう。

【8】「そこがかわいいんだよ」と自分のコンプレックスを褒めてくれてたとき
「本当に私のこと好きなんだと思った」(20代女性)など、自分では嫌いなところさえ認めてくれているのが分かると、さらに愛が深くなる女性もいます。ただし、彼の愛情に甘えすぎて短所へ無頓着になると彼が嫌気をさす可能性もあるので注意しましょう。

【9】手作り料理を「美味しい美味しい」と喜んでくれるとき
「作りがいがある!」(30代女性)など、手料理を頬張る幸せそうな彼の姿をみて、「この先も美味しいものを作ってあげたい」と女性は将来に想いを馳せるようです。たとえ料理がイマイチでも「作ってくれてありがとう」など感謝の気持ちを伝えるとその思いやりに彼女は感服するでしょう。

長い付き合いでも、彼氏の何気ない行動に女性は愛情を感じるようです。愛情の寿命は3年と言われることもありますが、関係を長く続かせるためには日頃のちょっとした気遣いが大切なのかもしれません。(富岡由郁子/Litofura)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/1 13:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます