まじむり。いい感じの男性の【どうでもいい女性】だったときの対処法

拡大画像を見る


何度もデートしてるし、会話も楽しい!私たちいい雰囲気♡と思っていたのにまさか!じつはどうでもいい女性だった…?!なんてことも。そんなの悔しいし悲しいですよね。いい感じだと思っていた男性が自分のことを実はどうでもいいと思っていたときの対処法をお教えします。これを読んで前に進みましょう!


次の恋愛をする

男を忘れるためには男!時間!これが一番です。聞こえは悪いかもしれませんが、実際男性への気持ちを塗り替えてくれるのもまた男性です。一度人を大好きになれたのなら、きっとまた大好きな気持ちにさせてくれる男性は現れます。焦って記憶から消そうとしても記憶は美化されるもの。どんどん忘れられなくなっていくので、時間が解決してくれるのを待ちましょう。


イイ女になって見返す

いい雰囲気だと思っていたのに…これはもう裏切られたと思っても仕方ないです。その悔しさをバネに、自分磨きに徹しイイ女になって見返してやりましょう!ダイエットするもよし、イメチェンしてもよし。とにかく今の自分とは決別し、自分が思ういい女になればいいのです。わざわざ彼にタイプに近づこうとするのではなく、自分が思うイイ女になり、充実した毎日が送れるようになれば、見返し大成功です!


友人に話を聞いてもらう

どうでもいい女性だと思われていたことに気付いたら、裏切られた・悔しい・切ない…色んな想いが溢れてくるはず。そんなときは想いを友人にとことん聞いてもらいましょう!自分の弱いところを見せられるのが友達でもあります。いっぱい愚痴って、いっぱい話して、いっぱい発散するに限ります!


たくさん泣く

状況を理解すればするほど悲しくてやりきれない気持ちになってきますよね。そんなときはたくさん泣きましょう。たくさん泣いて、まずは気持ちをスッキリさせましょう。我慢しても前には進めません。そうやって一歩前進できたとき、新しい自分になれるのです。
両想いだと思っていた男性に裏切られて辛いこともありますが、まずは現実を受け止めましょう。自分の幸せに向かって努力し、彼を見返してやりましょう!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/1 13:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます