AKB48 武藤十夢&佐野史郎 W主演映画『おかあさんの被爆ピアノ』、日本映画復興賞奨励賞を受賞「平和が当たり前である世の中がいかに幸せなことなのか」

拡大画像を見る

AKB48の武藤十夢と佐野史郎がW主演を務めた映画『おかあさんの被爆ピアノ』が、第38回日本映画復興賞奨励賞を受賞した。

同作は、被爆3世の女子大学生が被爆ピアノを通じて、戦争や自身のルーツについて思いを馳せる物語。全国に被爆ピアノの音色を届ける、調律師の矢川光則の活動がモデルになっている。

また、5月29日(土)には新宿農協会館で人数を制限して授賞式を開催。受賞を受けて五藤利弘監督は“戦争や被爆ピアノを巡る物語が一過性にならないよう想いを伝え続けたい”とコメント。

また、主演の武藤は“平和が当たり前である世の中がいかに幸せなことなのか”と、改めて平和の意義や毎日の平和への感謝を語った。

関連リンク

『おかあさんの被爆ピアノ』公式ホームページ

関連リンク

  • 6/1 11:50
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます