とっても優しいけど…付き合うと苦労するダメ男の特徴

優しい男性は一見「付き合うと長続きしそう」に思えますよね。しかし、むしろ問題に発展するケースも少なくないみたい。本記事では、付き合うと苦労するダメ男の特徴をご紹介していきます。
できれば交際前にチェックして、後で「こんなはずじゃなかった……」とならないための参考にしてみてくださいね。

他の女性にも優しくする

「女性にはよく思ってほしいから、なるべく優しく接します。要するにモテたいんですよね」(20代/建築)

▽ どんな女性に対しても優しいと、付き合ってから嫉妬心に振り回されることになります。「女性には優しくするものと教わった」「なるべく多くの女性からモテたい」など、優しくする理由はさまざま。
また、こうした男性は押しに弱く、浮気に発展しやすい傾向があります。モテることで承認欲求を満たしているのかもしれませんね。

決断できないだけ

「自分の意見は無いからとりあえず賛成しています。『優しい』って褒められるから一石二鳥ですよね」(20代/公務員)

▽ 優しい人はむやみに相手を否定しません。そのため、自己主張の無い受け身な男性も「優しい」と思われることがあります。
ところが、「相手のことを思って受け入れる」のと「自分の意見が無いから何でもOKする」のは別物ですよね。優柔不断な男性と付き合うと、いざという時に頼りにならないかもしれません。

本音を隠している

「基本他人を信用していないので、本音で話すことはありません。相手が喜んでくれそうな言葉を選んでいます」(20代/販売)

▽ 恋愛は本音で向き合わないと長続きしません。しかし、中には「嫌われたくない」「自分をよく見せたい」などの心理から、思ってもいないことばかり話す男性も……。
本人は悪気が無いことが多いのですが、後々大きなすれ違いに発展しやすくなります。

面倒くさいから優しい

「あまり会話が好きじゃないんですよね。面倒くさいから無難に優しく接しているけど、好きだと勘違いされやすくて困ります」(20代/不動産)

▽ 面倒ごとを回避するために優しくする男性もいます。「揉めたくない」「怒らせると大変」という心理から、優しい言動を選んでいるのです。
こうした男性は面倒くさいやり取りが苦手。ギクシャクすると音信不通になったり、シリアスな話し合いを避ける傾向があります。

「優しい=思いやり」とは限らない

怒りっぽい男性よりも、優しい男性と付き合ったほうが安定するのは確か。しかし、一言で「優しい」と言ってもいろいろな背景が隠れています。
優しい男性と付き合う際には、「なぜ優しいのか」に目を向けたほうがいいかもしれません。相手へのリスペクトなのか、優柔不断なのか、面倒くさがりなのか……。彼の本質を見極めましょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/1 3:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます