日本代表、3日の親善試合が中止に ジャマイカ代表10選手が出発前検査などで指定日までに来日できず

拡大画像を見る

 1日、日本サッカー協会(JFA)は、6月3日に札幌ドームで開催予定だった『キリンチャレンジカップ 2021』日本代表vsジャマイカ代表を中止すると発表した。

 JFAは、「当試合の開催にあたっては、日本サッカー協会の管理下で厳格な新型コロナウイルスに対する防疫措置を施し準備を進めて参りましたが、ジャマイカ代表チームにおいて、一部の選手(10 人)の出発前検査の方法等を理由として、当該10選手が予定されていたフライトに搭乗できず、義務付けられた試合3日前となる 5月31日に日本に到着することができませんでした。今大会に参加を予定していた20人の選手のうち、当該選手を除く10人とチーム役員は定められた手続きを経て日本に入国しましたが、10選手では国際試合を成立させることができないため、主催者としてキリンチャレンジカップの中止を決定致しました」と理由を説明。

「ファン・サポーターの皆さま、特別協賛をいただいているキリングループ各社、ご支援をいただいているスポンサー各社、試合を中継する予定となっていた TBS をはじめ、関係各所に多大なるご迷惑をおかけすることになりましたことをお詫び申し上げます」と、併せて謝罪をしている。

関連リンク

  • 6/1 11:47
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます