「ここにずっといるだろ?」友人の隣にいた大きなモノ【本当にあったちょっとこわ〜い話Vol.10】

「怖いけれど読みたい!」怖い話って、そんな気持ちをかき立てられますよね。

連載【本当にあったちょっとこわ〜い話】では暑い季節にもぴったりなひやりとするストーリーが盛りだくさん。

イラストレーターのかとさんが実際に体験した「ちょっとだけ」怖い話をお届けします!

「本当にあったちょっとこわ〜い話」第三夜〜幽霊の住む家〜2話


今夜お届けするのは「本当にあったちょっとこわ〜い話」第三夜〜幽霊の住む家〜2話。

第二夜〜声〜に登場した、かとさんの元カレBさんが実際に体験したお話です。

霊感が強い元カレBさんは友人の家に行くことになりましたが、いざ到着すると急激に体調を崩してしまいました。

驚くことに、友人の家には幽霊がたくさんいることが外からでも確認できます……!











幽霊は特に危害を加えてくるわけではないので平気だと言う友人。

「ただこうやってそばにいるだけだ……」という先を見ると……?

大柄で、友人よりもさらに大きい女性の幽霊がはっきりと見えました。

家が取り壊された今も、たくさんの幽霊たちはまだあの場所にいるのかもしれませんね……。

次回もお楽しみに!

(かと)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/31 23:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます