自慢にならない自慢話を聞かされたときのリアクション8パターン

自分の魅力を伝える、自慢話をする男性に対して、どのようなリアクションをすれば良いか苦労している方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に「自慢にならない自慢話」をされたときには、さらに頭を悩ませてしまうものです。そこで今回、できる限り円滑な会話を実現していただくために、「自慢にならない自慢話を聞かされたときのリアクション8パターン」を紹介させていただきます。

【1】「凄いですね!」ととりあえず褒める。
自慢にならない自慢話に対して、話している男性のメンツを保つために、「凄い!」と褒めてあげるパターンです。このような愛情もときには必要です。しかし、テンションが上がった男性はさらに自慢話を続ける可能性があるので、話を聞く覚悟を決める必要があります。

【2】「どうだった?」と詳しく聞き出す。
内容を詳しく聞いてあげるパターンです。「自慢にならない自慢話でしょ・・・」と思ってなめていたとしても、詳しく話を聞くと、「実は凄い話だった!」という状況があるかもしれません。「本当に自慢にならない自慢話なのか?」を確かめるために、ひとまず話を詳しく聞いてみても良いかもしれません。

【3】「楽しかった?」「嬉しかった?」「大変だった?」と感想を聞く。
「凄い!」「凄くない!」など、自慢話に対して評価するのではなく、話し手本人に気持ち良くなってもらうため、「楽しかった?」「嬉しかった?」などの感想を聞き出すパターンです。自慢話から、本人の感じ方に話題は移るので、比較的イライラせずに話を聞くことができるかもしれません。

【4】「そうなんだぁ・・・。」と受け止める。
聞いた感想を伝えようとせずに、とりあえず「そうなんだぁ・・・。」と話を受け止めるパターンです。しかし、心の中で「自慢にならない自慢話だよ」と思った場合、バカにしていることが表情に出てしまう恐れがあります。表情から本心がバレないように気を付けましょう。

【5】「キッカケは何だったの?」と質問する。
自慢話に対して、そのキッカケを聞き出し、別の話になるように仕向けるパターンです。自慢にならない自慢話であっても、その「キッカケ」を聞くことで、新しい発見があるかもしれません。

【6】「その話、つまらなーい。」とワガママを言う。
男性の自慢話に入り込むことなく、ワガママなキャラを演出し、強引に話題を変えるパターンです。一歩間違えれば、「一方的なワガママな女だ!」と思われる恐れがあるので、嫌われないように、別の話題のときはしっかりと耳を傾けるなど、男性に優しさを提供する必要があるでしょう。

【7】「え?もしかして自慢している?」とツッコミを入れる。
自慢話であることを敢えて確認するパターンです。気分良く話をしていた男性のテンションが急降下する可能性があります。なお、冗談として伝わるようにして、笑いに変えることができれば、会話が盛り上がる可能性がありますが、高度な話術が必要となるでしょう。

【8】「そんなの自慢にならないし!(笑)」と笑いに変える。
自慢話にならないことを率直に伝えるパターンです。笑い飛ばすことで、会話が盛り上がる可能性がありますが、男性の繊細な心を傷つけるリスクもあります。冗談が通じそうな男性に使った方が良いでしょう。

自慢にならない自慢話を聞かされたとき、実際に使えそうなリアクションはあったでしょうか。また、自慢話をされたとき、みなさんが実践しているリアクションが他にもあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/1 8:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます