西島秀俊に「癒されました」「にっこり笑顔がいい」、作風にも「心地いい」の声…「シェフは名探偵」

拡大画像を見る

西島秀俊主演のドラマプレミア23枠「シェフは名探偵」が5月31日から放送開始。西島さんをはじめとしたキャスティングを讃える声とともに「雰囲気が心地いい」「胸が温まる感じがいい」など作風に好感を持った視聴者からのコメントがSNSに投稿されている。

累計発行部数29万超えの近藤史恵による人気小説シリーズ「タルト・タタンの夢」、「ヴァン・ショーをあなたに」、「マカロンはマカロン」をドラマ化する本作。


小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフで、冷静沈着で穏やか、一見何を考えているかわからないが実はお節介焼きで、訪れた客の悩みや抱えている問題を解決していく名探偵でもある三舟忍に西島さん。三舟の店でギャルソンをしている高築智行に濱田岳。スーシェフ(副料理長)の志村洋二には神尾佑。ソムリエの金子ゆきには石井杏奈。

飲食店を手広く展開する青年実業家で「ビストロ・パ・マル」のオーナー・小倉大輔には「劇団EXILE」佐藤寛太。黒いコートに身を包む謎の人物・上原美里には橋本マナミ。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1年ぶりに「ビストロ・パ・マル」を訪れた高築智行は、前回と同じメニューを注文する。シェフの三舟は智行がリストラされたことを見抜き、ギャルソンにスカウトする。こうしてパ・マルで働き始めた智行だが、働きだして早々に面倒な客が次々と来店して…というストーリーが展開。

放送後のSNSには「月曜夜にぴったりな雰囲気が心地いい」「あのくらい重くないやつは最近の自分にはめっちゃありがたかったー」「西島くん始め好きな人ばっかりだし、お話もちょっと胸が温まる感じがいい」といった感想が。また「題名からしてなんか事件起きるかな?と思ったらほっこりするいいドラマだった」などの声も。


客の服装や発言から背景にある様々な事情まで見抜く“名探偵”ぶりをみせる三舟を演じた西島さんには「西島秀俊さんの安定したほっこり感。いいな~」「優しい笑顔に癒されました。これからも楽しみです」「西島さんのにっこり笑顔がいい~」等の反応が集まるほか「濱田岳の優しい笑顔に落ちる」「志村シェフ役の神尾さんが珍しくコミカル役で和む」「すごくいい!西島秀俊さん、濱田岳さん、神尾佑さん、石井杏奈さん、キャスティングもメッチャいい!」「パ・マル4人のキャスティング、空気感よかった」などキャスティングの良さを讃えるツイートも多数投稿されている。



(笠緒)

関連リンク

  • 6/1 7:30
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます